リカード「経済学原理」を歩く-99 外国貿易-22

中湖 康太

【コメント】製造業が発達していない社会の初期の段階では、各国の貨幣価値は、主として貴金属を供給する鉱山からの距離によって規定される。しかし、製造業が発達すると、製造業の優位さが貨幣価値を決定する主要因となる、とする。

(訳)
製造技術が発達しておらず、大量の必需品からなる諸国の生産物に差異がない、社会の初期の段階では、各国の貨幣価値は、主として貴金属を供給する鉱山からの距離によって規定される。しかし、社会の技術、改良が進むと、各国は、それぞれ特定の製造業で秀でるようになる。すると鉱山からの距離は依然としてある程度の影響を持つものの、貴金属の価値は主として、それらの製造業の優位さによって規定されるようになる。

(original text)
In the early states of society, when manufactures have made little progress, and the produce of all countries is nearly similar, consisting of the bulky and most useful commodities, the value of money in different countries will be chiefly regulated by their distance from the mines which supply the precious metals; but as the arts and improvements of society advance, and different nations excel in particular manufactures, although distance will still enter into the calculation, the value of the precious metals will be chiefly regulated by the superiority of those manufactures.

例えば、全ての国が穀物、畜牛、粗末な衣料のみを生産し、これらを輸出することによって金の生産国、又は、金保有国から、金を得ることができると仮定してみよう。金は、ポーランドにおいて、英国より高い交換価値を持つようになるだろう。それは、穀物のような大量な商品を送るのに、より長い航海が必要でありこと、また、金をポーランドに運ぶのにより多くの費用がかかるためである。

Suppose all nations to produce corn, cattle, and coarse clothing only, and that it was by the exportation of such commodities that gold could be obtained from the countries which produced them, or from those who held them in subjection; gold would naturally be of greater exchangeable value in Poland than in England, on account of the greater expense of sending such a bulky commodity as corn the more distant voyage, and also the greater expense attending the conveying of gold to Poland.

このような金の価値の違い、また同じことであるが、2国における穀物価格の違いは、より肥沃な土地、より優れた労働者の熟練、技術により、英国の穀物生産における生産性が、ポーランドのそれをはるかに上回っているにも関わらず生じるだろう。
This difference in the value of gold, or which is the same thing, this difference in the price of corn in the two countries, would exist although the facilities of producing corn in England should far exceed those of Poland, from the greater fertility of the land, and the superiority in the skill and implements of the labourer.

Kota Nakako
5/26/2019

Copyright© 2020 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.