リカード「経済学原理」を歩く-117 生産物への課税-6 賃金への影響

中湖 康太

【コメント】リカードは、生産物への課税に対する、第二の反対、不服について述べる。食料、必需品価格の上昇の要因には様々なものがあり、影響の仕方も状況によって異なり、それらを区別して考察することが必要だとする。

 

(訳)

第二の反対、不服については、穀物価格の上昇と賃金の上昇の間には、かなりの時間があるから、その間に、下層階級の人々が非常に厳しい悲惨な状況におかれるだろうということである。これについて、わたしは次のように答えるだろう。賃金の生産物の価格への反応のしかたは、状況によって異なり、あまりはっきりしないだろう。穀物価格の上昇は賃金には全く影響与えない場合もあるし、賃金の上昇が穀物価格の上昇に先立って生じる場合もある。また、その影響が非常にゆっくりに表われる場合もあれば、直ちに表われることもあるだろう。

必需品の価格が賃金を規律すると主張する人々は、いつも社会における進歩は漸進的なものであるとし、社会賃金の上昇または下落が非常にゆっくりとしか賃金には反映されないだろうと考えがちである。高い食料価格は、まったく異なる要因によって生ずるかもしれず、そのため、その影響のしかたはまったく異なるかもしれないのである。異なる要因には次のようなものがあるだろう。

第一に、供給不足。
第二に、徐々に増加する需要。それは最終的には生産費の上昇を伴うかもしれない。
第三に、貨幣価値の下落。
第四に、必需品への課税。

これらの4つの原因が、はっきりと識別されておらず、高い必需品価格の賃金への影響を調べようとする人々によって十分に区別されていないのである。それらを区別して考察することにしよう。

(original text)

With respect to the second objection, that there would be a considerable interval between the rise of the price of corn and the rise of wages, during which much distress would be experienced by the lower classes,—I answer, that under different circumstances, wages follow the price of raw produce with very different degrees of celerity; that in some cases no effect whatever is produced on wages by a rise of corn; in others, the rise of wages precedes the rise in the price of corn; again, in some the effect is slow, and in others the interval must be very short.

Those who maintain that it is the price of necessaries which regulates the price of labour, always allowing for the particular state of progression in which the society, may be seem to have conceded too readily, that a rise or fall in the price of necessaries will be very slowly succeeded by a rise or fall of wages. A high price of provisions may arise from very different causes, and may accordingly produce very different effects. It may arise from

1st. A deficient supply.
2nd. From a gradually increasing demand, which may be ultimately attended with an increased cost of production.
3dly. From a fall in the value of money.
4thly. From taxes on necessaries.

These four causes have not been sufficiently distinguished and separated by those who have inquired into the influence of a high price of necessaries on wages. We will examine them severally.

Kota Nakako
6/15/19

Copyright© 2019 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.