‘経済学古典を歩く Walking Economics Classics’ カテゴリ

リカード「経済学原理」を歩く-94 外国貿易-17

2019-05-21
【コメント】英国とポルトガルの2国間で、布とワインの貿易を行うインセンティブが無くなる稀有な('singular')ケースについて述べる。 (訳) ポルトガルの状況は全く変わらない。しかし、英国においてはより生産的になったワインの製造に労働を投入する。すると両国の物々交換貿易の状況は直ちに変わることになる。ポルトガルからのワインの輸出が止まるだけでなく、新しい貴金属の配分が生じ、布の輸入が無くなる。 (original text) No change whatever takes place in the circumstances of Portugal; but England finds that she can employ her labour more productively in the manufacture of wine, and instantly th...
→ 続きを読む

リカード「経済学原理」を歩く-93 外国貿易-16

2019-05-20
【コメント】2国間の貿易において、(生産費の変化によって)ある商品の価格差が縮小し、手形割引料(プレミアム)考慮後の利益が無くなると貿易のインセンティブはなくなる。 (訳) この英国の手形のプレミアムが輸入布の利益と等しくなれば、勿論、輸入は止まる。しかし、もし手形のプレミアムが2%だったとすると、英国の負債100ポンドを返済するために、ポルトガルにおいては102ポンドを支払うべきとなる。一方、45ポンドの費用がかかった布を50ポンドで売るとすると、布は輸出され、手形が購入される。そして、貨幣が輸出され、ポーランドにおける貨幣が減少し、英国における貨幣が増加する。このような取引は、それが利益を生まない状況になるまで続くのである。 (original text) If then this premium for a bill on England should be equal ...
→ 続きを読む

リカード「経済学原理」を歩く-92 外国貿易-15

2019-05-18
【コメント】外国貿易における手形取引について述べる。物々交換の場合には、貨幣や金銀が2国間でやりとりされることはない。しかし、貿易収支不均衡の場合には、金銀が輸出されることになる。 (訳) もし、市場がポルトガルから英国にワインを輸出することに良い状況にあれば、ワインの輸出業者は、手形の売手である。その手形は、布の輸入者やその他の買い手によって購入される。そして、このようにいずれの国からも、貨幣が手渡される必要はない。それぞれの国で輸出業者がその商品に対して支払われる。お互いに直接の取引なしに、ポルトガルの布の輸入業者によって支払われた貨幣は、ポルトガルの輸出業者に支払われる。英国においても、同じ手形のやりとりで、布の輸出業者は、ワインの輸入業者からその対価を得る。 しかし、ワインの価格が、英国に輸出できるものでなくなった場合にも、布の輸入業者は手形を購入する。しかし、手形の価格は...
→ 続きを読む

リカード「経済学原理」を歩く-91 外国貿易-14

2019-05-15
【コメント】リカードは、物々交換経済と貨幣経済の違いに着目する。ただし、マーチャントにとっては、実質相対価格が変化したとしても手形により負債が決済されればよいとする。 (訳) 英国でのワイン生産の改良の前に、英国でのワイン価格が1樽50ポンドで、ある量の布が45ポンドだったとする。また、ポルトガルでの同量のワインが45ポンド、同量の布が50ポンドだったとする。ワインはポルトガルから輸出されると利益は5ポンドになる。布は英国から輸出され同じ利益になる。 改良の後に、英国でワインは45ポンドに下落し、布は同じ価格だったとする。市場での全ての取引は、個々に独立とする。商人は英国で布を45ポンドで購入し、ポルトガルで通常の利益を得るため、英国から輸入し続ける。彼は、英国の布を購入し、ポルトガル貨幣の為替手形で支払う。彼にとって、重要なのは、負債をこの手形で弁済することだ。この取引は、彼がこ...
→ 続きを読む

リカード「経済学原理」を歩く-90 外国貿易-13

2019-05-14
【コメント】リカードは比較優位、比較生産費説は厳密には、純粋交換経済、つまり物々交換経済において成り立つと述べていると解することができる。リカードの抜け目なさである。 (訳) 金銀は、一般に取引を媒介する通貨として選ばれている。そして、その配分は、競争市場において、このような金属が存在せず、世界中の諸国の、また国家間の取引が、純粋に物々交換であった場合の取引量に相応している。 つまり、布は、輸入元である英国での生産コストに対して、より多くの金と交換されるのでなければポルトガルには輸入されない。また、ワインは、ポルトガルでの生産コストに対して、より高く売られるのでなければ英国に輸入されない、もし純粋な物々交換の貿易を想定すれば、所与の労働で、英国が布を生産して、より多くのワインを得られる間は、貿易は続くことになる。ポルトガルの産業についてはこの逆(ワインを生産し、より多くの布が得る)...
→ 続きを読む

リカード「経済学原理」を歩く-89 外国貿易-12

2019-05-13
【コメント】リカードは、比較優位の説明にあたって資本、労働の国際間の移動が起こりにくい粘着的(sticky)な状況を想定している。今日、資本の移動はおおむね自由になったといってよい。ただし、労働は言語、カルチャー、生活習慣の違い等があり、依然としてより粘着的であるといってよいだろう。   (訳) このような状況では、まちがいなく英国の資本家、また両国の消費者にとっては、ワインと布の両方をポルトガルで作ることが有利となるだろう。つまり、布を作っている英国の資本と労働はポルトガルへ移動すべきということになる。その場合も、これらの商品の相対価格は、同じ原則に支配されている。例えば、一方はヨークシャーの生産物であり、他はロンドンの生産物であるというのと同じだ。より高い収益率をもとめて資本が様々な商品の生産に配分されれば、利益率は同一になる。そして、商品の実質価格つまり労働で測った...
→ 続きを読む

リカード「経済学原理」を歩く-88 外国貿易-11

2019-04-10
【コメント】リカードが歴史に名を留めることになった比較優位説の古典的叙述。 (訳) [注14]  機械技術が非常に進んでおり、近隣諸国よりも少ない労働で商品を生産できる国は、その国土がより肥沃で、穀物をその輸入先の国よりも少ない労働で生産できたとしても、その商品と交換に、穀物の一部を輸入するだろう。二人の人が靴と帽子を作ることができ、一人が両方で他の人よりも上手だったとする。しかし、帽子を作ることについては、一人は競争相手よりも1/5、つまり20%だけ上回っており、靴を作ることについては1/3、つまり33%上回っていたとする。この場合、その人が靴を作り、劣った人が帽子を作ることに特化した方が両者の利益にかなうのではないだろうか。 [14] It will appear then, that a country possessing very considerable ad...
→ 続きを読む

経済短歌 比較優位の理由 Reason for Comparative Advantage

2019-04-06
リカードが 比較優位の 説明に 資本不自由を 説くは奇異なり Curious is Ricardo's explanation of Comparative Advantage due to the difficulty of movement of capital. リカードの 比較優位の 真因は 労働移動 不自由なるべし True reason for Comparative Advantage should be more the difficulty of movement of labour than that of capital, in my view. Reading and 'walking' Ricardo's 'Principles', I felt it curious despite his placing importance on labour as ...
→ 続きを読む

リカード「経済学原理」を歩く-87 外国貿易-10

2019-04-05
【コメント】有名なポルトガルと英国のワインと布の生産費(労働投入量)を使った比較生産費説(比較優位説)の説明。2国間、2商品生産モデル。  ポルトガルの生産費(労働投入量)がワイン80、布90、英国の生産費がワインが120、布が100とする。この場合、ポルトガルがワインを、英国が布を生産して交換(貿易)することが双方の利益になる。  ポルトガルはワイン、布の2商品の生産費で絶対優位にある。一方、ポルトガルはワイン、英国は布の生産費で比較優位にある。  但し、リカードが資本移動の困難さを理由に多国間での比較優位説を説明しているのは、妥当ではないいのではないか。リカードが労働価値説をとっていることからも本質的には、労働の移動の困難さによるものであろう。それともリカードに何かの意図があったのか。 (訳) ポルトガルでワインを生産するには年間80人の労働が必要で...
→ 続きを読む

経済短歌 マルサス労働供給論 Malthus’s Labour Supply Theory

2019-04-04
マルサスで 労働供給 決めるのは 生存可能 実質賃金  What Determines Labour Supply in Malthus is the Real Wage at Subsitence Level. 限界の 不効用こそ 労働の 実質賃金 マルサスの肝(きも) The Key to Malthus is Subsitence Wage Equals Marginal Disutility of Labour. マルサスの 人口論の 本質は 労働供給 モデルの提示 Malthus' Revolution is the Labour Supply Model, Seriously Presented for the first time in Economics. リカードが 賛美おくるは マルサスの 労働供給 モデルこそなり Ricardo's Unstin...
→ 続きを読む

« 以前の記事
Copyright© 2019 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.