経済短歌: 適正為替レートは繁栄をもたらす Tanka: Fair Exchange Rate Brings Prosperity

中湖 康太

高安の 日々変動に 惑うより 適正相場 推()して行え

Rather Than Brandished by Daily Fluctuations, Act on Fair Exchange Rates.

金利平価(Interest Rate Parity)により金利差のベネフィトは時間の経過で打ち消されてしまう

– English below.

適正為替レート推定には様々なものがあるでしょう。個人的には金利差をメインファクターとして推定する為替レートにあまり重きを置いていません。まず第一に、金利平価(Interest Rate Parity)が働くため、金利差は為替の先物レートとスポットレートの差に等しくなる、つまり、金利差によるベネフィットは、時間の経過により、打ち消されてしまうということです。

高金利通貨への投資も、一定期間後には当該通貨の下落により、金利差を打ち消されてしまったことを経験した投資家は多いでしょう。また、短期の投機的資本移動による為替レートの動きは、あまりに足が速すぎる、潮目が変わりやすいために、振り回されてしまうためです。

貿易収支、経常収支に重点を置いています。やはりモノ、サービスの動き、実物経済の動き、経済の足腰を中心に見るべきでしょう。

日々の為替の変化で円高円安を論じることに大きな意味があるでしょうか? 昨日より高ければ円高、安ければ円安というように。

海外への直接投資を行う企業は、多くの場合、適正為替レートを基準に意思決定を行うでしょう。

 日本の強みの一つは(政府債務はディスカウントするにしても)、資本力、資本供給国であることにあるのです。

実体経済を反映した適正為替レートは、世界に、勿論、日本の企業、家計に、中長期的なベネフィット恩恵をもたらすでしょう。

Benefits of Interest Rate Differentials are Counteracted by Interest Rate Parity Overtime.

We shouldn’t worry too much about daily exchange rate fluctuations, particularly, those caused by interest rate differentials.  The exchange rate differentials are counteracted by interest rate parity; that is to say, investors cannot be benefited from them overtime.

When companies consider long-term capital investments abroad, in many cases they will decide based on their estimated fair exchange rates.

One of Japan’s strengths in global economy is its surplus of capital.

Fair exchange rate will provide the world, let alone Japan, with medium- and long-term prosperity.

Kota Nakako

Feb. 14, 2018

© kota nakako, gcs

Copyright© 2018 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.