リカード「経済学原理」を歩く-90 外国貿易-13

中湖 康太

【コメント】リカードは比較優位、比較生産費説は厳密には、純粋交換経済、つまり物々交換経済において成り立つと述べていると解することができる。リカードの抜け目なさである。

(訳)
金銀は、一般に取引を媒介する通貨として選ばれている。そして、その配分は、競争市場において、このような金属が存在せず、世界中の諸国の、また国家間の取引が、純粋に物々交換であった場合の取引量に相応している。

つまり、布は、輸入元である英国での生産コストに対して、より多くの金と交換されるのでなければポルトガルには輸入されない。また、ワインは、ポルトガルでの生産コストに対して、より高く売られるのでなければ英国に輸入されない、もし純粋な物々交換の貿易を想定すれば、所与の労働で、英国が布を生産して、より多くのワインを得られる間は、貿易は続くことになる。ポルトガルの産業についてはこの逆(ワインを生産し、より多くの布が得る)のことが言える。今、仮に英国がワインのより効率的な製造方法を発見して、輸入するよりも自国で生産した方がよくなったとすると、英国はその資本の一部を貿易ではなく国内取引に投下することになるだろう。輸出のために布を生産するのを止め、自国でワインを生産することになる。それらの商品の貨幣価格は、経済原理にしたがって、次のようになるだろう。英国においてワイン価格は下落し、布は以前と同じ価格になる。ポルトガルにおいては各商品の価格に変化はない。布はしばらくの間は英国から輸出されるだろう。なぜならその価格は、自国よりポルトガルの方が高いからだ。しかし、ワインの代わりに貨幣が交換されるので、自国での貨幣の蓄積とその海外での減価により、布の二国間での相対価格に作用するため輸出は儲けにならなくなる。もし、上質のワイン製造の改良がすすめば、両国にとって貿易することが利益に適うだろう。英国がすべてのワインを作り、ポルトガルがすべての布をつくり、両国で消費される、ということも理に適うことになるかもしれない。しかし、これは、あたらしい貴金属の流通によってのみ可能となる。そして、英国の布価格は上昇し、ポルトガルのそれは下落する。製造の改善による実質的な有利さによってワインの相対価格は英国で下落する。これは自然価格の下落を意味する。布の相対価格は、貨幣の蓄積によって、英国では上昇するだろう。

(original text)
Gold and silver having been chosen for the general medium of circulation, they are, by the competition of commerce, distributed in such proportions amongst the different countries of the world, as to accommodate themselves to the natural traffic which would take place if no such metals existed, and the trade between countries were purely a trade of barter.

Thus, cloth cannot be imported into Portugal, unless it sell there for more gold than it cost in the country from which it was imported; and wine cannot be imported into England, unless it will sell for more there than it cost in Portugal. If the trade were purely a trade of barter, it could only continue whilst England could make cloth so cheap as to obtain a greater quantity of wine with a given quantity of labour, by manufacturing cloth than by growing vines; and also whilst the industry of Portugal were attended by the reverse effects. Now suppose England to discover a process for making wine, so that it should become her interest rather to grow it than import it: she would naturally divert a portion of her capital from the foreign trade to the home trade; she would cease to manufacture cloth for exportation, and would grow wine for herself. The money price of these commodities would be regulated accordingly; wine would fall here while cloth continued at its former price, and in Portugal no alteration would take place in the price of either commodity. Cloth would continue for some time to be exported from this country, because its price would continue to be higher in Portugal than here; but money instead of wine would be given in exchange for it, till the accumulation of money here, and its diminution abroad, should so operate on the relative value of cloth in the two countries, that it would cease to be profitable to export it. If the improvement in making wine were of a very important description, it might become profitable for the two countries to exchange employments; for England to make all the wine, and Portugal all the cloth, consumed by them: but this could be effected only by a new distribution of the precious metals, which should raise the price of cloth in England, and lower it in Portugal. The relative price of wine would fall in England in consequence of the real advantage from the improvement of its manufacture; that is to say, its natural price would fall: the relative price of cloth would rise there from the accumulation of money.

Kota Nakako

5/14/2019

Copyright© 2019 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.