リカード「経済学原理」を歩く-89 外国貿易-12

中湖 康太

【コメント】リカードは、比較優位の説明にあたって資本、労働の国際間の移動が起こりにくい粘着的(sticky)な状況を想定している。今日、資本の移動はおおむね自由になったといってよい。ただし、労働は言語、カルチャー、生活習慣の違い等があり、依然としてより粘着的であるといってよいだろう。

 

(訳)
このような状況では、まちがいなく英国の資本家、また両国の消費者にとっては、ワインと布の両方をポルトガルで作ることが有利となるだろう。つまり、布を作っている英国の資本と労働はポルトガルへ移動すべきということになる。その場合も、これらの商品の相対価格は、同じ原則に支配されている。例えば、一方はヨークシャーの生産物であり、他はロンドンの生産物であるというのと同じだ。より高い収益率をもとめて資本が様々な商品の生産に配分されれば、利益率は同一になる。そして、商品の実質価格つまり労働で測った価格に違いは生じないない。違いが生じるのは、それらの商品が売られる市場に運ぶために必要な追加的な労働の差だけである。

しかし、実際には、資本家は、心理的、実質的なリスクを感じることになる。資本が自国を離れ、親しみのない他国の政府とその法律のもとにさらされることを嫌って、資本の移動を抑制する。このようなリスク回避により、気の毒なことに、といってよいかもしれないが、ほとんどの資本家は、海外でより高い利益率を求めるより、本国での低い利益率で満足することになる。

(original text)
It would undoubtedly be advantageous to the capitalists of England, and to the consumers in both countries, that under such circumstances, the wine and the cloth should both be made in Portugal, and therefore that the capital and labour of England employed in making cloth, should be removed to Portugal for that purpose. In that case, the relative value of these commodities would be regulated by the same principle, as if one were the produce of Yorkshire, and the other of London; and in every other case, if capital freely flowed towards those countries where it could be most profitably employed, there could be no difference in the rate of profit, and no other difference in the real or labour price of commodities, than the additional quantity of labour required to convey them to the various markets where they were to be sold.

Experience however shews, that the fancied or real insecurity of capital, when not under the immediate control of its owner, together with the natural disinclination which every man has to quit the country of his birth and connexions, and intrust himself with all his habits fixed, to a strange government and new laws, check the emigration of capital. These feelings, which I should be sorry to see weakened, induce most men of property to be satisfied with a low rate of profits in their own country, rather than seek a more advantageous employment for their wealth in foreign nations.

 

Kota Nakako

5/13/2019

Copyright© 2019 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.