リカード「経済学原理」を歩く-145 土地税(Land Tax)-11 土地税は生産を阻害する

中湖 康太

【コメント】リカードは、土地に課されるいかなる税も、生産を阻害しないことはない、とする。政府を逆なでさせないためか、曲りくどい言い回しになっている。

(訳)
もし土地にいかなる税金もかけられず、他の方法により徴収されたなら、農業は、これまで以上に繁栄したであろう。なぜなら、土地に課せられる税金は、いかなるものも農業を促進することにはならないからだ。穏やかな課税は、多分おおきな足かせにはならないだろう。しかし、それが生産を促進することにはならない。英国政府は、セイ氏が想定したような見解はもたなかった。農業階級の将来の税金を免除すること、国家が必要とする供給を他の階級から得るとはしなかった。政府は、ただ次のように言うだけだ。「土地にこれ以上の負担をかけることはないだろう。しかし、政府は他の方法によって、国家の緊急時に、分担すべき全ての税を徴収する権利を有している」と。

実物税、あるいは生産物に対するある一定の割合の税金は、十分の一税と全く同じである。セイ氏は、次のように言う。「この種の課税は、公平に見えるが、そうではない。生産者による前払いは、考慮されていない。それは純収入ではなく、粗収入に比例して課されている。2人の農業者が、異なる生産物を耕作している、とする。1人は中等の土地に穀物を耕作し、費用は年間平均8,000フランで、その土地からの生産物は12,000フランで売れたとする。彼は4000フランの純収入を得ることになる。

(original text)
If no tax whatever had been laid on the land, and the same sum had been raised by any other means, agriculture would have flourished at least as well as it has done; for it is impossible that any tax on land can be an encouragement to agriculture; a moderate tax may not, and probably does not, greatly prevent, but it cannot encourage production. The English Government has held no such language as M. Say has supposed. It did not promise to exempt the agricultural class and their successors from all future taxation, and to raise the further supplies which the state might require, from the other classes of society; it said only, “in this mode we will no further burthen the land; but we retain to ourselves the most perfect liberty of making you pay, under some other form, your full quota to the future exigencies of the state.”

Speaking of taxes in kind, or a tax of a certain proportion of the produce, which is precisely the same as tithes, M. Say says, “This mode of taxation appears to be the most equitable; there is however none which is less so: it totally leaves out of consideration the advances made by the producer; it is proportioned to the gross, and not to the net revenue. Two agriculturists cultivate different kinds of raw produce: one cultivates corn on middling land, his expenses amounting annually on an average to 8000 francs; the raw produce from his lands sells for 12,000 francs; he has then a net revenue of 4000 francs.

Kota Nakako
8/12/19

Copyright© 2019 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.