リカード「経済学原理」を歩く-139 土地税(Land Tax)-5 アダム・スミスの誤り

中湖 康太

【コメント】リカードは、土地、地代、生産物に課される税について、すべて実質的に地主が負担しているとするアダム・スミスの見解が誤りであることを指摘する。リカードは、まず、一般的に地代とわれているものについて、土地の用役に支払われるものと、資本の用役に支払われるものとを区別する。そして、土地税、生産物に課される税は、価格の上昇によって実質的に消費者によって負担されるとする。

(訳)
アダム・スミスは、地代について得意な見方をしている。各国で多くの資本が費やされているにもかかわらず、土地にかかるすべての税は、地代が払われない土地であれ、土地税として土地自体にかかるものであれ、十分の一税であれ、土地の生産物への税であれ、農業者の利益に課されるものであれ、すべて地主によって支払われる、としている。また、一般的に税は、名目的には賃借人により支払われるとしても、地主が実質的に負担しているとする。アダム・スミスは言う。「土地の生産物への税は、実質的には地代にかかる税である。農業者によって納められるにしても、最終的には地主によって支払われる生産物の一部が税として納められるとき、農業者は、毎年、その価値を計算し、地主に支払う地代からその分を減額する。土地税の一種である、教会に納められる土地税の一種である十分の一税が、毎年どのくらいなるかを前もって計算しない農業者はいない。」いかなるものであれ、地主と合意するときに、その農地に関するおおよその持ち出し分について、計算しない農業者はいないことは疑いない。そして、教会に支払われる十分の一税、または土地の生産物に課される税について、農地の生産物の相対的価値が上昇することによって補われないなら、農業者はその分を地代から差し引くだろう、とする。しかし、これはまさに議論をよぶ問題である。農業者は地代から差し引くのか、それとも生産物の価格の上昇によって補償されるのであろうか。すでに述べたように、生産物の価格を引き上げることは疑いなく、アダム・スミスは、この重要な問題について誤った見解をとっている、と結論できるだろう。

(original text)
From the peculiar view which Adam Smith took of rent, from his not having observed that much capital is expended in every country, on the land for which no rent is paid, he concluded that all taxes on the land, whether they were laid on the land itself in the form of land-tax or tithes, or on the produce of the land, or were taken from the profits of the farmer, were all invariably paid by the landlord, and that he was in all cases the real contributor, although the tax was in general, nominally advanced by the tenant. “Taxes upon the produce of the land,” he says, “are in reality taxes upon the rent; and though they may be originally advanced by the farmer, are finally paid by the landlord. When a certain portion of the produce is to be paid away for a tax, the farmer computes as well as he can, what the value of this portion is, one year with another, likely to amount to, and he makes a proportionable abatement in the rent which he agrees to pay to the landlord. There is no farmer who does not compute before hand what the church tithe, which is a land-tax of this kind, is, one year with another, likely to amount to.” It is undoubtedly true, that the farmer does calculate his probable outgoings of all descriptions, when agreeing with his landlord concerning the rent of his farm; and if for the tithe paid to the church, or for the tax on the produce of the land, he were not compensated by a rise in the relative value of the produce of his farm, he would naturally deduct them from his rent. But this is precisely the question in dispute: whether he will eventually deduct them from his rent, or be compensated by a higher price of produce. For the reasons which have been already given, I cannot have the least doubt but that they would raise the price of produce, and consequently that Adam Smith has taken an incorrect view of this important question.

Kota Nakako
7/19/19

Copyright© 2019 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.