リカード「経済学原理」を歩く-135 十分の一税(Tithes)-4 平衡税

中湖 康太

【コメント】国内産布に課税されると、課税されない輸入布がより安くなり、需要される。資本は布の生産から他の商品の生産に向かうだろう。輸入布が課税される(平衡税)と国内産布が需要される。しかし、いずれにしても国内生産者は課税で、より容易な生産をすることはできなくなる。生産への課税により、限界費用が上昇するからである、と解することができる。

(訳)
布の売買が完全に自由に行われたら、国内の製造業者は輸入するよりも安く布を売ることができるかもしれない。もし、税金が国内の製造業者に課され、輸入布に課されないなら、資本は痛手を受けるため、布の製造から他の商品の製造に向けられるだろう。それは、国内で生産するよりも、安価に輸入することができるからである。もし輸入布に税金が課されれば、布は再び国内で生産されるかもしれない。消費者は、当初は、輸入布よりも安かったから国内産の布を購入した。次に、外国産の布を購入した。課税されない外国産の布の方が、課税された国産の布より安いからである。最後に、再び国内産布を買うことになった。国内産布と外国産布の両方に課税され、国内産布の方が安くなったからである。布の価格が最大になるのは最後のケースである。しかし、追加的な支払いは全て国が得ることになる。第二のケースでは、消費者は、最初よりも高い対価を支払う。しかし、追加的な支払いは、国家が受け取るわけではない。生産がより困難になったことによって価格が上昇したのである。課税によって国内の生産者の限界費用は、より容易な生産を行えなくなるからである。

第11章 十分の一税 (終わり)

(original text)
If the trade of cloth were left perfectly free, our manufacturers might be able to sell cloth cheaper than we could import it. If a tax were laid on the home manufacturer, and not on the importer of cloth, capital might be injuriously driven from the manufacture of cloth to the manufacture of some other commodity, as it might then be imported cheaper than it could be made at home. If imported cloth should also be taxed, cloth would again be manufactured at home. The consumer first bought cloth at home, because it was cheaper than foreign cloth; he then bought foreign cloth, because it was cheaper untaxed than home cloth taxed: he lastly bought it again at home, because it was cheaper when both home and foreign cloth were taxed. It is in the last case that he pays the greatest price for his cloth, but all his additional payment is gained by the state. In the second case, he pays more than in the first, but all he pays in addition is not received by the state, it is an increased price caused by difficulty of production, which is incurred, because the easiest means of production are taken away from us, by being fettered with a tax.

Chapter  XI. Tithes (end)

Kota Nakako
7/15/19

Copyright© 2019 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.