リカード「経済学原理」を歩く-134 十分の一税(Tithes)-3 従量税の問題点

中湖 康太

【コメント】リカードは、十分の一税のような従量税は、生産量の拡大にともなって純所得に対する比重を増すため、生産者階級の分け前を減少させる。それは、また輸入奨励金として作用するため、土地への需要を減少させ、地主にとっても重くのしかかることになる、とする。

(訳)
生産量の拡大により耕作の困難さは増加するわけだが、十分の一税と同じように生産に比例して課される他の方法で、教会に同じ価値のものが納めらるとしたら効果は全く同じになる。教会は、常に一国における土地と労働の純生産物のより多くの割合を得ていくことになる。進歩する社会においては、常に粗生産物に比例して土地の純生産物は減少していく。進歩する国であれ、停滞した国であれ、すべての税金が最終的に支払われるのは、その国の純所得からである。粗所得の増加と共に増加するが、実質的には純所得にかかる税金は、とても重く、耐えがたいとってもよい税金だ。十分の一税は、土地の純生産物ではなく、粗生産物の十分の一を徴収する税である。したがって、社会が進歩し、生産量が増大するにつれて、粗生産物に対して一定の割合で徴収される税の、純生産物に対する割合はますます増加していくことになる。

十分の一税は、地主に重くのしかかると見なされるかもしれない。それは、輸入奨励金として作用するからである。国内の穀物生産が課税される一方、輸入される外国穀物には課税されないことになる。十分の一税は輸入奨励金として作用するため、輸入により減少した土地への需要から地主を救うために、輸入穀物に同じく十分の一を課せば、その国に生産物が納められることになる。これは、いかなる方策もより公平で平衡なものといえるかもしれない。政府支出のために必要となる税が、この税により納められれば、他の税を減少させることになるかもしれない。しかし、もし、このような税金が教会に支払われる基金を増加させるだけなら、それは全体としては、一般的な生産量を増加させるかもしれないが、生産者階級に割り当てられる生産物の分け前を減少させることになるだろう。

(original text)
If an equal value were raised for the church by any other means, increasing in the same manner as tithes increase, proportionably with the difficulty of cultivation, the effect would be the same. The church would be constantly obtaining an increased portion of the net produce of the land and labour of the country. In an improving state of society, the net produce of land is always diminishing in proportion to its gross produce; but it is from the net income of a country that all taxes are ultimately paid, either in a progressive or in a stationary country. A tax increasing with the gross income, and falling on the net income, must necessarily be a very burdensome, and a very intolerable tax. Tithes are a tenth of the gross, and not of the net produce of the land, and therefore as society improves in wealth, they must, though the same proportion of the gross produce, become a larger and larger portion of the net produce.

Tithes however may be considered as injurious to landlords, inasmuch as they act as a bounty on importation, by taxing the growth of home corn, while the importation of foreign corn remains unfettered. And if in order to relieve the landlords from the effects of the diminished demand for land, which such a bounty must encourage, imported corn were also taxed one tenth, and the produce paid to the state, no measure could be more fair and equitable; since whatever were paid to the state by this tax, would go to diminish the other taxes which the expenses of government make necessary: but if such a tax were devoted only to increase the fund paid to the church, it might indeed on the whole increase the general mass of production, but it would diminish the portion of that mass allotted to the productive classes.

Kota Nakako
7/14/19

Copyright© 2019 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.