リカード「経済学原理」を歩く-133 十分の一税(Tithes)-2 反対する理由

中湖 康太

【コメント】リカードは、十分の一税は、貨幣地代に影響を与えないが、穀物地代には大きな影響を与えるとし、十分の一税に反対する。その理由は、それが恒久的、固定的税ではなく、穀物生産の困難さに伴い増加する、というものだ。生産における収穫逓減により、十分の一税にしても、生産物課税にしても、税負担は逓増することになる。これが市場における最適生産を妨げるのである。

(訳)
十分の一税も貨幣的税も地主の貨幣地代に影響を与えない。しかし、両方とも穀物地代に大きな影響を与える。貨幣的税がどのように穀物税に影響するかは前述した通りだが、同様な影響が十分の一税に作用することは明らかである。もし、第1、2、3等級の土地が各々180、170、160クォ―ターを生産すると、地代は、第1等級20クォ―ター、第2等級10クォ―ターになる。しかし、十分の一税が課されるともはや同じ割合を得ることはできなくなる。もし、十分の一がそれぞれから引かれると、残りは162、153、144クォ―ターとなり、結果として、穀物地代は、第1等級18クォ―ター、第2等級9クォ―ターに減少する。しかし、穀物価格は、4ポンドから4ポンド8シリング10⅔ペンスに上昇する。なぜなら、10クォ―ターは4ポンド8シリング10⅔ペンスに相当し、9クォ―ターは4ポンドに相当するからだ。結果として貨幣的地代は変化しない。というのも第1等級は80ポンドで、第2等級は40ポンドとなるからだ。

十分の一税に反対する理由は、それが恒久的、固定的税ではなく、穀物生産の困難さに伴い増加するからだ。もし、生産の困難さにより穀物価格が4ポンドになれば、税金は8シリングとなる。もし、5ポンドになれば10シリングに、6ポンドになれば12シリングになる。価値が増加するだけでなく、量も増加する。なぜなら、第1等級の土地が耕作されると、税金は180クォ―ターに課されるだけだが、第2等級が耕作されると、350 (=180+170)に課され、第3等級が耕作されると510 (=180+170+160)に課されるからだ。生産量が100万クォ―ターから200万クォ―ターに増加すると、税は100,000クォ―ターから200,000クォ―ターに増えるだけでなく、追加的な100万クォ―ターを生産するためにより多くの労働が必要になるからである。したがって、生産物の相対価値は増加し、20万クォ―ターは、量的には2倍だが、価値においては前に支払われた100,000クォ―ターの3倍になるかもしれないからである。

(original text)
Neither tithes nor a money tax will affect the money rent of landlords, but both will materially affect corn rents. We have already observed how a money tax operates on corn rents, and it is equally evident that a similar effect would be produced by tithes. If the lands, No. 1, 2, 3, respectively produced 180, 170, and 160 quarters, the rents might be on No. 1, twenty quarters, and on No. 2, ten quarters; but they would no longer preserve that proportion after the payment of tithes: for if a tenth be taken from each, the remaining produce will be 162, 153, 144, and consequently the corn rent of No. 1 will be reduced to eighteen, and that of No. 2 to nine quarters. But the price of corn would rise from 4l. to 4l. 8s. 10⅔d.; for nine quarters are to 4l. as ten quarters to 4l. 8s. 10⅔d., and consequently the money rent would continue unaltered; for on No. 1 it would be 80l., and on No. 2, 40l.

The chief objection against tithes is, that they are not a permanent and fixed tax, but increase in value, in proportion as the difficulty of producing corn increases. If those difficulties should make the price of corn 4l. the tax is 8s., if they should increase it to 5l., the tax is 10s., and at 6l., it is 12s. They not only rise in value, but they increase in amount: thus, when No. 1 was cultivated, the tax was only levied on 180 quarters; when No. 2 was cultivated, it was levied on 180 + 170, or 350 quarters; and when No. 3 was cultivated, on 180 + 170 + 160 = 510 quarters. Not only is the amount of the tax increased from 100,000 quarters, to 200,000 quarters, when the produce is increased from one to two millions of quarters; but, owing to the increased labour necessary to produce the second million, the relative value of raw produce is so advanced, that the 200,000 quarters may be, though only twice in quantity, yet in value three times that of the 100,000 quarters which were paid before.

Kota Nakako
7/9/19

Copyright© 2019 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.