リカード「経済学原理」を歩く-132 十分の一税(Tithes)-1 消費者に転嫁される

中湖 康太

【コメント】十分の一税(Tithes)とは、生産物に課税される。現在では廃止されている。リカードは、十分の一税は、生産物への課税と同様、消費者に転嫁され、農業者は通常の利益を得ることができる、とする。

(訳)
第11章 十分の一税

十分の一税は土地の生産物への課税である(KN注: 今は廃止されている)。生産物への課税と同じくすべて消費者に転嫁される。十分の一税は、土地の使用に関する地代への課税と異なり、生産物の価格を引き上げる。最下級な土地も、最上級の土地と同様に、土地からの生産量に正確に比例して、十分の一税を支払う。その意味で、十分の一税は平等な税である。

地代を支払わない最下級の土地が穀物価格を決定するわけであるが、その農業者は、十分な量を生産し、通常のストックの利益を得ることができる。小麦の価格がクォ―ター当り4ポンドであれば、同様の利益を十分の一税が課された後にも得ることができるために、価格は4ポンド8シリング(KN注: 旧1ポンドは20シリングなので、8シリングは、4ポンドの1/10に相当)に上昇する。耕作者は、小麦1クォ―ター当り8シリングを必ず教会に支払わなければならない。

十分の一税と生産物への課税の唯一の違いは、前者は固定的な税金であるのに対して、後者は可変的な税金であることだ。穀物生産の進歩も退歩もない静止した社会においては、その効果はまったく同じであり、穀物価格は一定で、税金も同様に一定である。農業が後退する状態においても、偉大な進歩のある状態においても、他のものと比較して、結果的に生産物の価値が下落する場合、十分の一税は、固定額税より軽い税になる。もし穀物の価格が、4ポンドから3ポンドに下落したら、税金は8シリングから6シリングに下落することになる。進歩する社会であっても、農業に著しい改良が無い場合、穀物の価格は上昇するだろう。そして、十分の一税は固定額税よりも、重い税となるだろう。

(original text)
CHAPTER XI. TITHES.

Tithes are a tax on the gross produce of the land, and, like taxes on raw produce, fall wholly on the consumer. They differ from a tax on rent, inasmuch as they affect land which such a tax would not reach; and raise the price of raw produce, which that tax e of raw produce, which that tax would not alter. Lands of the worst quality, as well as of the best, pay tithes, and exactly in proportion to the quantity of produce obtained from them; tithes are therefore an equal tax.

If land of the last quality, or that which pays no rent, and which regulates the price of corn, yield a sufficient quantity to give the farmer the usual profits of stock, when the price of wheat is 4l. per quarter, the price must rise to 4l. 8s. before the same profits can be obtained after the tithes are imposed, because for every quarter of wheat the cultivator must pay eight shillings to the church.

The only difference between tithes and taxes on raw produce, is, that one is a variable money tax, the other a fixed money tax. In a stationary state of society, where there is neither increased nor diminished facility of producing corn, they will be precisely the same in their effects; for in such a state corn will be at an invariable price, and the tax will therefore be also invariable. In either a retrograde state, or in a state in which great improvements are made in agriculture, and where consequently raw produce will fall in value comparatively with other things, tithes will be a lighter tax than a permanent money tax; for if the price of corn should fall from 4l. to 3l., the tax would fall from eight to six shillings. In a progressive state of society, yet without any marked improvements in agriculture, the price of corn would rise, and tithes would be a heavier tax than a permanent money tax. If corn rose from 4l. to 5l., the tithes on the same land would advance from eight to ten shillings.

Kota Nakako
7/6/19

Copyright© 2019 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.