リカード「経済学原理」を歩く-131 地代への課税-3 地代の内訳

中湖 康太

【コメント】地代という名目で、賃借人から地主に支払われる報酬には、土地の使用に対するものと、建物等のストックやその改善に対するものがある。地代に課税される場合、前者のみが地主に課されるものであり、後者は、消費者に課されるのでなければ、地主、賃借人にかかわらず、資本が要求する利益水準を満たさないため、生産は阻害される、というのがここでのリカードの主張であろう。

(訳)

地代に課税されるなら、地主は、それが土地の使用に対して支払われるものなのか、建物やストックの改善に対して支払われるものか判別しようとすることは疑いない。後者は、家や建物の使用料と呼ばれるべきものである。すべての土地が耕作された(地代が発生しない)場合には、このような建物やその改善は賃借人によるものであり、地主によるものではない、ということになる。地主の資本は、実はそのような目的で使われるかもしれない。名目的には賃借人により支払われるかもしれないが、貸付や賃借期間にわたる利子の購入などの便宜を、地主が賃借人に提供するだろう。区別されようがされまいが、これらの異なる目的に対して、地主に支払われる報酬には本質的な違いがある。本質的な地代への税金は地主に課されるということは確かである。しかし、農地に投入されるストックに対して支払われる報酬への税金は、生産物の消費者に課されることになる。税金が地代に課され、賃借人から地主に地代という名目で支払われる報酬の内実を区別する方法がない場合には、それが建物や他の定着物への使用料とみなされるものについては、税金は地主に課されるのではなく消費者に課される。これらの建物等に投入される資本は、通常のストックの利益水準を満たさなければならない。しかし、最後に耕作される(地代が発生しない)土地では、もし、建物等の費用が賃借人に課されるのでなければこの利益水準を満たすことはできないだろう。賃借人は、その税金を消費者に転嫁できなければ、通常の資本の利益水準を満たすことができないだろう;

(original text)

There can be little doubt, but that if a tax were laid on rent, landlords would soon find a way to discriminate between that which was paid to them for the use of the land, and that which was paid for the use of the buildings, and the improvements which were made by the landlord’s stock. The latter would either be called the rent of house and buildings, or in all new land taken into cultivation such buildings and improvements would be made by the tenant, and not by the landlord. The landlord’s capital might indeed be really employed for that purpose; it might be nominally expended by the tenant, the landlord furnishing him with the means, either in the shape of a loan, or in the purchase of an annuity for the duration of the lease. Whether distinguished or not, there is a real difference between the nature of the compensations which the landlord receives for these different objects; and it is quite certain, that a tax on the real rent of land falls wholly on the landlord, but that a tax on that remuneration which the landlord receives for the use of his stock expended on the farm, falls on the consumer of raw produce. If a tax were laid on rent, and no means of separating the remuneration now paid by the tenant to the landlord under the name of rent were adopted, the tax, as far as it regarded the rent on the buildings and other fixtures, would never fall for any length of time on the landlord, but on the consumer. The capital expended on these buildings, &c., must afford the usual profits of stock; but it would cease to afford this profit on the land last cultivated, if the expenses of those buildings, &c. did not fall on the tenant; and if they did, the tenant would then cease to make his usual profits of stock, unless he could charge them on the consumer.

Kota Nakako
7/5/19

第10章 地代への課税 (終わり)

The end of “Chapter 10 Taxes on Rent”

Copyright© 2019 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.