リカード「経済学原理」を歩く-121 生産物への課税-10 労働供給論

中湖 康太

【コメント】リカードは、サプライサイドに着目する。生産物供給が価格に対して弾力的であるのに対して、労働供給が価格に関して非弾力的であるとする。したがって労働の価格(実質賃金)は生産物の価格に比べて大きな変化をする。これは極めて興味深い点である。リカードは実質賃金が収縮的であると見なしている。また、リカードは、労働供給量の変化を人口の増減とほぼ同じく見ている。リカードはマルサスの労働供給論(人口論)を採用している。リカード経済学が長期の市場均衡理論である、とする見方につながるものであろう。

(訳)

貨幣の価値の下落も、生産物への税金も、それぞれ価格を引き上げるが、生産物の量や、それを購入、消費する人口に必ずしも影響を与えるわけではない。一国の資本が不規則に増加するときに、賃金が上昇する一方、穀物価格はそのままであったり、またはその上昇率が低かったりする。また、一国の資本が減少するとき、賃金は下落する一方、穀物価格はそのままであったり下落率がより低いというのはよくあることだ。そして、その状態が長くことがある。その理由は、労働というのは、意のままに増加したり、下落したりできるものではないからだ。もし、需要に対して帽子の供給が少ししかなかったら、価格は上昇するだろう。しかし、それはほんの少しの間だけである。というのも、1年間で、その取引により多くの資本を用いて、いかなる妥当な追加でも帽子の量におこなうことができる。したがって、その市場価格が長く自然価格を超えたままであることはない。しかし、それは人間にはあてはまらない。資本の増加があっても、人口は1年、2年で簡単に増やすことはできない。また、資本が減少しても、人口は急速に減少させることはできない。したがって、人手はゆっくりと増加または減少することになる。一方、労働を維持するための基金は急速に増加または減少する。そのため、労働の価格が穀物や必需品の価格に適合するにはかなりの時間を要するのである。しかし、貨幣価値の下落や穀物への課税の場合は、必ずしも労働供給の超過や、労働需要の減少があるわけではない。したがって、労働者が実質賃金の下落にあまんじることはないだろう。

(original text)

Neither a fall in the value of money, nor a tax on raw produce, though each will raise the price, will necessarily interfere with the quantity of raw produce; or with the number of people, who are both able to purchase, and willing to consume it. It is very easy to perceive why, when the capital of a country increases irregularly, wages should rise, whilst the price of corn remains stationary, or rises in a less proportion; and why, when the capital of a country diminishes, wages should fall whilst corn remains stationary, or falls in a much less proportion, and this too for a considerable time; the reason is, because labour is a commodity which cannot be increased and diminished at pleasure. If there are too few hats in the market for the demand, the price will rise, but only for a short time; for in the course of one year, by employing more capital in that trade, any reasonable addition may be made to the quantity of hats, and therefore their market price cannot long very much exceed their natural price; but it is not so with men; you cannot increase their number in one or two years when there is an increase of capital, nor can you rapidly diminish their number when capital is in a retrograde state; and therefore, the number of hands increasing or diminishing slowly, whilst the funds for the maintenance of labour increase or diminish rapidly, there must be a considerable interval before the price of labour is exactly regulated by the price of corn and necessaries; but in the case of a fall in the value of money, or of a tax on corn, there is not necessarily any excess in the supply of labour, nor any abatement of demand, and therefore there can be no reason why the labourer should sustain a real diminution of wages.

Kota Nakako
6/20/19

Copyright© 2020 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.