リカード「経済学原理」を歩く-113 生産物への課税-2

中湖 康太

【コメント】リカードは、生産物への課税は、実質的には消費者によって負担されることになる、また、地代、賃金に転嫁することもできない、とする。生産者の供給曲線が限界費用曲線であることは、課税されようが課税されまいが変わらない。つまり、生産物への課税分だけ供給曲線は上方にシフトする。需要曲線が変化しないとすれば、市場価格は上昇し、需要量(したがって供給量)が減少することになる。課税分は、消費者余剰の中から支払われることになる。くりかえしになるが、納税主体が生産者であるにしても、実質的な負担者は消費者であり、市場の効率性はそこなわれる(総余剰が減少する)。リカードの議論には抜け目がない。

 

(訳)
もし、生産物の価格が生産者の税金を補うだけ上昇しなかったなら、利益が一般的な水準よりも低くなるところで取引、生産を止めるになるだろう。そして、おとろえない需要により、生産物価格が上昇し、その生産が他のいかなる投資機会とくらべても同等の水準に上昇なるまで、供給は減少する。

(original text)
If the price of raw produce did not rise so as to compensate the cultivator for the tax, he would naturally quit a trade where his profits were reduced below the general level of profits: this would occasion a diminution of supply, until the unabated demand should have produced such a rise in the price of raw produce, as to make the cultivation of it equally profitable with the investment of capital in any other trade.

価格の上昇は、生産者がその税を支払い、その生産に投下した資本から通常かつ一般的な利益を産み出し続ける唯一の方法である。生産者はその地代から税金を控除することはできないし、地主にそれを支払わせることもできない。生産者は、利益からそれを控除することをしないだろう。というのも、他の資本利用がより大きな利益を生みだすなかで、小さい利益しか生まない生産に資本利用をし続けることはないためである。生産者が税金と等しい分だけ生産物の価格を引き上げる力をもっていることについて議論の余地は無い。

A rise of price is the only means by which he could pay the tax, and continue to derive the usual and general profits from this employment of his capital. He could not deduct the tax from his rent, and oblige his landlord to pay it, for he pays no rent. He would not deduct it from his profits, for there is no reason why he should continue in an employment which yields small profits, when all other employments are yielding greater. There can then be no question, but that he will have the power of raising the price of raw produce by a sum equal to the tax.

生産物への税は地主によっては支払われないだろう。農夫によっても支払われない。引き上げられた価格のなかから、消費者によって支払らわれることになるだろう。

A tax on raw produce would not be paid by the landlord; it would not be paid by the farmer; but it would be paid, in an increased price, by the consumer.

地代は、同質の、あるいは質の異なる土地に、投下された同量の労働と資本から得られる生産物の差であることを思い出していただきたい。さらに、土地の貨幣地代と穀物地代は、同じ比率では変化しないことを思い出していただきたい。

Rent, it should be remembered, is the difference between the produce obtained by equal portions of labour and capital employed on land of the same or different qualities. It should be remembered too, that the money rent of land, and the corn rent of land, do not vary in the same proportion.

Kota Nakako
6/9/19

Copyright© 2019 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.