リカード「経済学原理」を歩く-112 生産物への課税-1

中湖 康太

CHAPTER VIII.
TAXES ON RAW PRODUCE.
第9章 生産物への課税

【コメント】まず、生産物の価格は、生産にかかる限界的な費用(それが土地にかかるものであれ、資本にかかるものであれ)で決定されることを説明する。生産物はコモディティーなので、完全競争市場の均衡条件「価格=限界費用」があてはまる。リカードはミクロ経済学の大原則を述べているわけだ。そして、生産者に課される税金は、いかなる種類のものであれ、生産費の上昇を意味し、価格を引き上げると述べる。

(訳)
本書の前半で述べたように、穀物の価格は、地代を支払わない(限界的な)土地、またはその土地に投入される資本にかかる限界的な生産費によって決まるという原則を説明した。したがって、生産費のいかなる上昇も価格を引き上げることになるし、いかなる減少も価格を引き下げる。より質の悪い土地を耕作する必要性、または既に耕作されている土地に投入される追加的な資本のより低いリターン(収益)は、必然的に生産物の交換価値を引き上げる。機械の発明は、生産者により低い生産費で穀物を得ることを可能にするが、必然的にその生産物の交換価値を低下させることになる。生産者に課されるいかなる税金も、地租であれ、10分の1税であれ、生産物にたいする税であれ、生産費を上昇させ、その結果、生産物の価格を引き上げる。

(original text)
HAVING in a former part of this work established, I hope satisfactorily, the principle, that the price of corn is regulated by the cost of its production on that land exclusively, or rather with that capital exclusively, which pays no rent, it will follow that whatever may increase the cost of production will increase the price; whatever may reduce it, will lower the price. The necessity of cultivating poorer land, or of obtaining a less return with a given additional capital on land already in cultivation, will inevitably raise the exchangeable value of raw produce. The discovery of machinery, which will enable the cultivator to obtain his corn at a less cost of production, will necessarily lower its exchangeable value. Any tax which may be imposed on the cultivator, whether in the shape of land-tax, tithes, or a tax on the produce when obtained, will increase the cost of production, and will therefore raise the price of raw produce.

Kota Nakako
6/8/19

Copyright© 2019 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.