リカード「経済学原理」を歩く-111 税金-6

中湖 康太

【コメント】リカードは、資産税は、資本の効率的な配分を妨げるとして、セイを引用し課税に反対する。一方、資産税は徴収が簡素なことがせめてもの償い、との意見があると述べている。

(訳)
しかし、資産移転への課税に反対する理由はこれだけではない。それは社会にとって最も適切な資本の配分を妨げる。社会一般の発展のために、すべての資産の譲渡や交換を妨げるべきではない。あらゆる資本が、それを最も有効に活用できる人の手にわたるようになるからだ。セイは言う。「ある人はなぜその土地を売りたいと思うようになるのだろうか。それは、彼が売却した資金をより有効に活用できる機会があるからだ。また、他のある人はなぜこの土地を購入しようとするのか。それは、資本がほとんど、または全く利用されていないため、有効活用することができると考えるからだ。この交換によって、これらの人々の所得を増加させることで、一般的な所得が増加することになる。しかし、もし税がその交換を妨げるほど大きかったら、一般的な所得増加の障害になるだろう。」しかし、資産税の徴収は簡素であるため、多くの人が、そのような悪しき効果に対するいくらかの償いと考えているのである。

(original text)
But this is not the only objection to taxes on the transference of property; they prevent the national capital from being distributed in the way most beneficial to the community. For the general prosperity, there cannot be too much facility given to the conveyance and exchange of all kinds of property, as it is by such means that capital of every species is likely to find its way into the hands of those who will best employ it in increasing the productions of the country. “Why,” asks M. Say, “does an individual wish to sell his land? it is because he has another employment in view in which his funds will be more productive. Why does another wish to purchase this same land? it is to employ a capital which brings him in too little, which was unemployed, or the use of which he thinks susceptible of improvement. This exchange will increase the general income, since it increases the income of these parties. But if the charges are so exorbitant as to prevent the exchange, they are an obstacle to this increase of the general income.” Those taxes however are easily collected; and this by many may be thought to afford some compensation for their injurious effects.

以上 第8章 税金について 
The end of Chapter 8 On Taxes.

Kota Nakako
6/7/19

Copyright© 2019 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.