リカード「経済学原理」を歩く-110 税金-5

中湖 康太

【コメント】リカードはアダム・スミスを引用して説明する。税金を価格メカニズムを妨害する要因としてみなしている、といってよいだろう。

(訳)
アダム・スミスは言う。「死者から生存者への資産の移転に課される税金は、最終的に、資産が移転される人、つまり生存者に課されることになる。土地の売却に対する税金は、全て売手に課される。売手は、ほとんどの場合、売却の必要に迫られて売ることになるので、これを価格としてとらえる。買い手は、通常は、買う必然性はなく、支払いたい価格を払うだけである。彼は、税金と価格を合わせて取得コストと考える。税金が多くなればなるほど、支払う価格は低くなる。このような税金は、避けられない必要性のある人に課されることになる。したがって、それは残酷で強制的なものになる。」「印紙税と、債券の登録や、借入契約に対する税金は、すべて借り手に課され、実際に支払われる。裁判手続きに課される税金は、原告に課される。それは、訴訟の対象の資本価値によっても変わる。資産を取得するためのコストが高くなるほど、取得されたときの価値は低くなる。資産の移転に課されるすべての税金は、その資産の資本価値を減少させ、労働のための資金を減少させる傾向をもつ。それらは、基本的に浪費的な税金である。国家の収入は多くするが、民間の資本の犠牲の上に、非生産的な労働を維持するだけである。」

(original text)
“Taxes upon the transference of property from the dead to the living,” says Adam Smith, “fall finally, as well as immediately, upon the persons to whom the property is transferred. Taxes on the sale of land fall altogether upon the seller. The seller is almost always under the necessity of selling, and must therefore take such a price as he can get. The buyer is scarce ever under the necessity of buying, and will therefore only give such a price as he likes. He considers what the land will cost him in tax and price together. The more he is obliged to pay in the way of tax, the less he will be disposed to give in the way of price. Such taxes, therefore, fall almost always upon a necessitous person, and must therefore be very cruel and oppressive.” “Stamp duties, and duties upon the registration of bonds and contracts for borrowed money, fall altogether upon the borrower, and in fact are always paid by him. Duties of the same kind upon law proceedings fall upon the suitors. They reduce to both the capital value of the subject in dispute. The more it costs to acquire any property, the less must be the neat value of it when acquired. All taxes upon the transference of property of every kind, so far as they diminish the capital value of that property, tend to diminish the funds destined for the maintenance of labour. They are all more or less unthrifty taxes, that increase the revenue of the sovereign, which seldom maintains any but unproductive labourers, at the expense of the capital of the people, which maintains none but productive.”

Kota Nakako
6/6/19

Copyright© 2019 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.