リカード「経済学原理」を歩く-108 税金-3

中湖 康太

【コメント】リカードは税金は資本と生産に悪影響を与える、と述べる。

この背景には、農業の拡大による人口の増加、ドック、運河の建設など海運業、製造業の隆盛、その他の大型の事業があることを指摘できるだろう。それらは、資本と生産の増加に繋がっている。

For the proof of this we might refer to the increase of population—to the extension of agriculture—to the increase of shipping and manufactures—to the building of docks—to the opening of numerous canals, as well as to many other expensive undertakings; all denoting an increase both of capital and of annual production.

もちろん、資本の蓄積をさまたげる傾向のない税金は存在しない。税は生産を抑止するように作用する。悪い土壌や悪天候と同じような効果をもち、技能、勤勉を減退させ、労働分配に悪影響を与え、役に立つ機械を無くすような作用をする。ある種の税金は、特に大きな影響をもつ。税金は、課税対象の選択が問題なのではなく、一般的になはだしい悪影響をもつものであることは指摘しておかなければならない。

There are no taxes which have not a tendency to impede accumulation, because there are none which may not be considered as checking production, and as causing the same effects as a bad soil or climate, a diminution of skill or industry, a worse distribution of labour, or the loss of some useful machinery; and although some taxes will produce these effects in a much greater degree than others, it must be confessed that the great evil of taxation is to be found, not so much in any selection of its objects, as in the general amount of its effects taken collectively.

税金は必ずしも資本に課されるからといって、必ずしも資本に対する税ではない。また、所得に課されるからといって、必ず所得に対する税というわけでもない。もし、わたしの所得が年間1000ポンドであるなら、100ポンド支払う義務があるとする。それは実際、わたしの所得に対する税金である。わたしは残りの900ポンドの支出で満足できるだろうか。しかし、わたしが1000ポンドの支出を続ければ、それは実際には資本に対する税である。

Taxes are not necessarily taxes on capital, because they are laid on capital; nor on income, because they are laid on income. If from my income of 1000l. per annum, I am required to pay 100l., it will really be a tax on my income, should I be content with the expenditure of the remaining 900l.; but it will be a tax on capital, if I continue to spend 1000l.

わたしに1000ポンドの所得をもたらす資本が10,000ポンドの価値があるとする。この資本に1%の税金が課されれば100ポンドである。しかし、この税金を支払った後、わたしが900ポンドの支出で満足するしたとしたら、わたしの資本は影響を受けないといえるだろうか。

The capital from which my income of 1000l. is derived may be of the value of 10,000l.; a tax of one per cent. on such capital would be 100l.; but my capital would be unaffected, if after paying this tax, I in like manner contented myself with the expenditure of 900l.

Kota Nakako
6/4/19

Copyright© 2019 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.