リカード「経済学原理」を歩く-107 税金-2

中湖 康太

【コメント】ケインズを思わせるようなリカードの説明である。政府支出が増加し、生産が増加すれば、国民所得は増加するが、生産増がなければ、経済は困窮する。英国政府の過去20年の巨額な支出にもかかわらず、英国の資本は増加し、国民所得は過去最大になっている、と述べる。

(訳)
もし政府支出が追加的な税金により増加すれば、生産の増加か、民間の消費の減少のいずれかにつながるだろうが、税金は収入に課されるので、国の資本は侵食されることはないだろう。しかし、民間の生産の増加又は消費の減少がなければ、税金は資本に対する負荷になるだろう。

(original text)
If the consumption of the government, when increased by the levy of additional taxes, be met either by an increased production, or by a diminished consumption on the part of the people, the taxes will fall upon revenue, and the national capital will remain unimpaired; but if there be no increased production or diminished consumption on the part of the people, the taxes will necessarily fall on capital.

1国の資本の減少にしたがって、その生産は必然的に減少する。したがって、民間と政府支出が同じであれば、年間の再生産は恒常的に減少し、国のリソースは急激に減少し、経済的困窮と破産につながるだろう。

In proportion as the capital of a country is diminished, its productions will be necessarily diminished; and therefore, if the same expenditure on the part of the people and of the government continue, with a constantly diminishing annual reproduction, the resources of the people and the state will fall away with increasing rapidity, and distress and ruin will follow.

過去20年の英国政府の巨額な支出にかかわらず、民間の生産増加が、それを補ってあまりあるものだったことはほとんど疑いない。国の資本は毀損しなかっただけでなく、大いに増加した。国民の年間収入は、税金を支払った後でも、おそらく過去最大であろう。

Notwithstanding the immense expenditure of the English government during the last twenty years, there can be little doubt but that the increased production on the part of the people has more than compensated for it. The national capital has not merely been unimpaired, it has been greatly increased, and the annual revenue of the people, even after the payment of their taxes, is probably greater at the present time than at any former period of our history.

Kota Nakako
6/4/19

Copyright© 2019 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.