リカード「経済学原理」を歩く-84 外国貿易-7

中湖 康太

【コメント】賃金の下落によって利益率は改善しないと述べる。これは、リカードの議論の前提が、完全雇用経済であり、一般物価水準が賃金とパラレルに変化することを想定していると推定される。つまり実質賃金(W/P)は変化しない。そして、賃金が支出される食料、必需品の価格が低下しない限り、利益率は改善しないと述べる。

 これはリカードが、労働の限界不効用を生存可能賃金とし、それが実質賃金と等しいとしているためである(労働供給サイド)。さらに言えば、この実質賃金が労働の限界生産力に等しいということになる(労働需要サイド)。ケインズが「一般理論」で明らかにした、古典派の2つの公準である。

(訳)
本書で、一貫して述べているのは、第一に、利益率は賃金の下落によって決して上昇することはないということ、第二に、賃金が費やされる食料や必需品の下落が無くて、賃金が永続的に下落することはないということだ。したがって、外国貿易の拡大や機械の進歩によって、労働者に必要な食料や必需品が安く市場にもたらされるようになれば、利益は上昇するだろう。もし、穀物や、労働者の衣服や他の必需品を自国で生産するかわりに、より安い価格でこれらの商品を供給することができる新しい市場が発見されたならば、賃金が下落し、利益は上昇するだろう。しかし、外国貿易の拡大や機械の改良によって安く得た商品が、主として富裕者によって消費されるならば、利益率は変化しないだろう。ワイン、べルベット、絹、その他の高価な商品が50%下落しても、賃金率は影響を受けず、その結果、利益は変化しないだろう。

外国貿易は、収入が費やされる商品の量と多様性を増やし、商品の豊富さと安価さをもたらし、貯蓄と資本の蓄積へのインセンティブとなる。したがって、一国にとって極めて有益であるが、輸入される商品が労働賃金が費やされるものでなければ、資本の利益を引き上げる傾向はもたらさない。

(original text)
It has been my endeavour to shew throughout this work, that the rate of profits can never be increased but by a fall in wages, and that there can be no permanent fall of wages but in consequence of a fall of the necessaries on which wages are expended. If, therefore, by the extension of foreign trade, or by improvements in machinery, the food and necessaries of the labourer can be brought to market at a reduced price, profits will rise. If, instead of growing our own corn, or manufacturing the clothing and other necessaries of the labourer, we discover a new market from which we can supply ourselves with these commodities at a cheaper price, wages will fall and profits rise; but if the commodities obtained at a cheaper rate, by the extension of foreign commerce, or by the improvement of machinery, be exclusively the commodities consumed by the rich, no alteration will take place in the rate of profits. The rate of wages would not be affected, although wine, velvets, silks, and other expensive commodities, should fall 50 per cent., and consequently profits would continue unaltered.

Foreign trade, then, though highly beneficial to a country, as it increases the amount and variety of the objects on which revenue may be expended, and affords, by the abundance and cheapness of commodities, incentives to saving, and to the accumulation of capital, has no tendency to raise the profits of stock, unless the commodities imported be of that description on which the wages of labour are expended.

Kota Nakako

2019/3/31

Copyright© 2020 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.