リカード「経済学原理」を歩く-78 外国貿易-1

中湖 康太

【コメント】いよいよ今も輝きを失わないリカードの比較優位説が説かれる「外国貿易」の章だ。リカードはまず、労働価値説から入る。つまり、外国貿易がおこなわれたからといって、その国の生み出す価値が増えるわけではない、と切り出す。しかし、外国貿易によって得ることができる商品の量とそれがもたらす効用(満足度)は、圧倒的に高まるとする。そして、利益の章で述べたように、資本の利益率が一般的水準に収束する法則を述べる。

(訳)
第6章 外国貿易

外国貿易によって直ちに1国の価値が増えるというわけではない。しかし、外国貿易は、多くの商品とそれがもたらす人々の満足を大幅に増加させるだろう。外国商品の価値は、交換されるその国の土地と労働の生産物の量によって測られる。つまり、より大きい価値を持つことになるわけではない。新しい市場の発見によって、その国の生産物に対して、2倍の外国商品を得ることができるようになるかもしれない。例えば、商人が、1000ポンドの英国商品を購入し、それと交換にある量の外国商品を得て、英国市場で1200ポンドで売ることができるとする。その商人はこのように資本を使って20%の利益を得る。しかし、彼のもうけも、輸入された商品の価値も、得られた外国商品の量の多寡によって増加もしないし、下落もしない。例えば、25または50樽のワインを輸入したとしても、彼の利益は全く影響を受けない。もし、あるときは25樽、またあるときは50樽を1200ポンドで売ったとしても。いずれの場合も、彼の利益は、200ポンド、すなわち資本の20%ということになる。いずれの場合も、英国に輸入される価値は同じである。もし、50樽を1200ポンド以上で売ったとすると、この商人の利益は、一時的には市場の利益率を超えるだろう。すると、資本は自然にこの有利な取引に流入するだろう。するとワイン価格が下落し、利益率は一般的水準に収束することになる。

(original text)
CHAPTER VI.
ON FOREIGN TRADE.

NO extension of foreign trade will immediately increase the amount of value in a country, although it will very powerfully contribute to increase the mass of commodities, and therefore the sum of enjoyments. As the value of all foreign goods is measured by the quantity of the produce of our land and labour, which is given in exchange for them, we should have no greater value, if by the discovery of new markets, we obtained double the quantity of foreign goods in exchange for a given quantity of ours. If by the purchase of English goods to the amount of 1000 l. a merchant can obtain a quantity of foreign goods, which he can sell in the English market for 1,200 l. , he will obtain 20 percent. profit by such an employment of his capital; but neither his gains, nor the value of the commodities imported, will be increased or diminished by the greater or smaller quantity of foreign goods obtained. Whether, for example, he imports twenty-five or fifty pipes of wine, his interest can be no way affected, if at one time the twenty-five pipes, and at another the fifty pipes, equally sell for 1,200 l. In either case his profit will be limited to 200 l. , or 20 per cent. on his capital; and in either case the same value will be imported into England. If the fifty pipes sold for more than 1,200 l. , the profits of this individual merchant would exceed the general rate of profits, and capital would naturally flow into this advantageous trade, till the fall of the price of wine had brought every thing to the former level.

Kota Nakako

2019/3/20

Copyright© 2020 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.