リカード「経済学原理」を歩く-64 利益-3

中湖 康太

価格上昇にしたがって農業者の利益が減少する論理

【コメント】リカードは数値例を使って、限界生産力の逓減に伴って、価格が上昇し、農業者の利益率が減少する論理を説明する。

(訳)
穀物が4ポンドから10ポンドに上昇した時、第1等の土地から得られる180クウォーターは、720ポンドではなく1800ポンドで売られるだろう。したがって、地主と労働者は地代と賃金についてより大きな対価を得ることになるになるが、農業者はより大きな利益を得られるだろうか。これは不可能である。それを以下に示す。

まず第一に、穀物の価格は、より劣等な土地での耕作の困難さに伴ってのみ上昇する。すでに述べたように、もし労働者10人が、ある等級の土地で180クウォーターの小麦を収穫し、その価格がクウォーター当り4ポンドだとしたら、720ポンドを得る。もし、10人の追加的な労働者が同じ、または別の土地で、追加的に170クウォーターを生産したとしたら、小麦は4ポンドから4ポンド4シリング8ペンスに上昇するだろう。つまり、170:180は、4ポンド:4ポンド4シリング8ペンスだからである。(KN注:1ポンド=20シリング=240ペンス)。 いいかえれば、170クウォーターの生産に、一方では10人の労働者が必要になるが、他方では9.44人の労働者でよいので、上昇は9.44:10、つまり4ポンド:4ポンド4シリング8ペンスになる。同様に、もし10人の追加的な労働が160クウォーターしか生産できないとしたら、価格はさらに4ポンド10シリングに上昇するだろう。もし150クウォーターなら価格は4ポンド16シリングに上昇する等々。

しかし、180クウォーターが地代の無い土地で生産されるとしたら、その価格はクウォーター当り4ポンドとなり720ポンドで売られるだろう。そして170クウォーターが地代の無い土地で生産されるとしたら、価格は4ポンド4シリング8ペンスに上昇し720ポンドで売られるだろう。同様に、160クウォーターのとき価格は4ポンド10シリングで720ポンドで売られるだろう。150クウォーターのとき価格は4ポンド16シリングになり720ポンドで売られるだろう。

このように、農業者は、同じ収入(価値)を得て、賃金を支払うわけであるが、小麦価格は、4ポンドのときもあれば、より高い価格のときもある。農業者の利益率は穀物価格上昇にしたがって減少するのである。

It may be said for example, that when corn rose from 4l. to 10l., the 180 quarters obtained from the best land would sell for 1800l. instead of 720l.; and therefore, though the landlord and labourer be proved to have a greater value for rent and wages, still the value of the farmer’s profit might also be augmented. This however is impossible, as I shall now endeavour to shew.

In the first place, the price of corn would rise only in proportion to the increased difficulty of growing it on land of a worse quality. It has been already remarked, that if the labour of ten men will, on land of a certain quality, obtain 180 quarters of wheat, and its value be 4l. per quarter, or 720l.; and if the labour of ten additional men, will on the same or any other land, produce only 170 quarters in addition, wheat would rise from 4l. to 4l. 4s. 8d.; for 170: 180:: 4l.: 4l. 4s. 8d. In other words, as for the production of 170 quarters, the labour of ten men is necessary, in the one case, and only that of 9.44 in the other, the rise would be as 9.44 to 10, or as 4l. to 4l. 4s. 8d. In the same manner it might be shewn, that if the labour of ten additional men would only produce 160 quarters, the price would further rise to 4l. 10s.; if 150, to 4l. 16s., &c. &c.

But when 180 quarters were produced on the land paying no rent, and its price was 4l. per quarter, it sold for £720. And when 170 quarters were produced on the land paying no rent, and the price rose to 4l. 4s. 8d. it still sold for 720. So, 160 quarters at 4l. 10s. produce 720. And 150 quarters at 4l. 16s. produce the same sum of 720.

Now it is evident, that if out of these equal values, the farmer is at one time obliged to pay wages regulated by the price of wheat at 4l., and at other times at higher prices, the rate of his profits will diminish in proportion to the rise in the price of corn.

Kota Nakako

2019/2/27

Copyright© 2020 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.