英語セミナー(1) Please Please Me

好きなアーティストの曲、アルバムから世界を持つ

好きな音楽、曲から英語を学ぶ。これほど効率的な学習法はないでしょう。言わずとも、これを実践している人も多いと思います。好きな曲はくりかえし、くりかえし聴いているはずです。メロディー、そして歌詞もわからないながら自然に頭に、身体に染み込んでいるはずです。この場合、意味とか、文法とか最初は気にしないことが重要です。

最初は歌詞カードも見ずにとにかく何度も聴く。そして歌詞カードを読む。ただし、ポピュラーミュージックの歌詞の英語は、学校英語や受験英語と違い、難しい単語は使われていませんが、実はやさしいとは言えません。なぜならば音楽の英語は、スラングや俗語はともかく、倒置や省略が多く使われています。習慣や文化的な背景を理解してないとピンとこないこともあるわけです。しかし、最初からすべてを理解しようとしないことが大切です。

次に、歌詞カードを片手に曲をフォローする。ヘッドフォンで片方の耳で聴き、フォローした自分の声、ヴォーカルをもう片方の耳で聴く。最初は、当然フォローできません。しかし、これを繰り返し行う。好きな曲ですから、苦にならないでしょう。これを何度も繰り返す。

次に歌詞カードを見ずに、また何度も聴く。

英語の曲を文法的に理解するのは、最後に近い段階です。しかし、曲をあまり文法的に理解することにこだわる必要はありません。七分方理解したら、アルバム全体に同じ方法を繰り返し、好きなミュージシャンの好きな曲の入ったアルバムを通してこの方法を適用する。

1つのアルバムをとにかく通して、これをやってみる。好きな曲を理解しようと自然に文法的解明の必要性も感じてくるでしょうが。

すると、自分の中に、ある世界が開けてきます。この「世界」を持つことが、とても重要なことです。断片ではなく、このように好きなアーティストの深い世界を自分の中に持つ。すると、英語というものも、自然と自分にとって楽しく、より親しみのあるものになる、コミュニケーションできる英語というものが、自然に身についてくるのです。

ビートルズのファースト・アルバム: “Please Please Me”

“Please Please Me”はビートルズのファースト・アルバムです。”Please Please Me”という曲は、レノン・マッカートニー共作(主にジョン・レノン)で、このアルバムのタイトルとなった曲です。このようにやっていくと、”Please Please Me”の2つのPleaseは、同音異義語であることがわかります。

最初のPleaseは、「どうぞ」のPlease、文法的には副詞です。2番目のPleaseは、「楽しませる」の意味を持つ動詞です。I’m pleased to see you.(あなたと会えてうれしいです)と言うときに使われるものです。つまり、”Please Please Me”は「どうか、どうか私を」という意味ではなく、「どうか僕を喜ばせてくれ」と女の子、恋人に言っているのです。実際、”Last night I said these words to my girl”(昨晩、こんなことを彼女に言った)という歌詞がこの曲の冒頭ででてきます。そして、彼女がつれないことが歌われます。”I know you never even try, girl.”(君は、そうしようともしないことを知ってるよ)と。 

“Please Please Me”は、つれない彼女に、「僕が君をよろこばせているように、すこしは僕をよろこばしてくれよ」と言っている曲なのです。

Last night I said these words to my girl (昨夜、僕は君にこれらのことを言った)
I know you never even try, girl (君はしようともしないけど)
Come on, come on, come on, come on (さあ、カムオン)
Please please me, oh year (どうか僕をよろこばせてくれ)
Like I please you (僕が君をよろこばしているように)

“You don’t need me to show the way, love”
のYou don’ need meは「君は私を必要としていない」という意味ではなく、「君は、(よろこばす)方法を僕に教えてもらう必要はないよ」と言っています。このneedの使い方は、学校英語、受験英語ではあまり出てこない口語的なものと言えるでしょう。

Why do I always have to say, love (なぜ僕は君にいつも言わなくてはならないんだ)
Come on, come on, come on, come on (さあ、カムオン)
Please please me, oh yeah (どうか僕をよろこばせて)
Like I please you (僕が君をよろこばしているように) 

I don’t want to sound complaining (文句を言っているように思われたくないけど)
But you know there’s always rain in my heart (僕の心にいつも雨が降っているのを君は知ってるはずだ)
I do all the pleasing with you (僕は君がよろこぶすべてのことをやっている)
It’s so hard to reason with you, oh yeah (君にわかってもらうのは骨が折れるんだ) 

Why do you make me blue. (なぜ君は僕をいつもブルー憂鬱にするんだ)

以上

【価格時点】:n.a.



有料コンテンツお申込はこちらからお願いします。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号

ご希望の資料タイトル、ご質問などをご記入ください。

Copyright© 2021 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.