オプション市場が示唆する株式銘柄選択: JAI 2018夏号(5)

中湖 康太

オプション市場が示唆する株式銘柄選択(“Option Informed Stock Picking” by Edward Szado, Hossein Kazemi, and Thomas Schneeweis, from ‘The Journal of Alternative Investment'(JAI) SUMMER 2018  

オプションが株価を予知する

多くのリサーチがオプション市場での効率的な取引が、次におこる株価の変化についての効果的なシグナルとなることを示している。

効果的なロング・ショート戦略とロングオンリー戦略

同論文は、オプション市場のシグナルに基づく株式のロング・ショート戦略について分析したもの。さらに、ボラティリティ・リスク・プレミアム、オプション・株式取引高比率、インプライド・ボラティリティの歪み(skew)、実現されたボランティアなどのシグナルに基づく簡単に行うことができるロングオンリー戦略を提示している。

セクター選択ではなく個別株選択

1996〜2015年半ばまでの分析は、等価加重ポートフォリオのロングオンリー戦略S&P500及びS&P500の等価加重に対する顕著なアウトパフォーマンスを実証した。リターン寄与分析は、このアウトパフォーマンスは、セクター選択ではなく、個別株選択よってもたらされていることを示している。

以上

2018/9/25

Copyright© 2018 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.