経済短歌: マイナス金利と資本主義 Negative Interest Rate and Capitalism

中湖 康太

ふと思う 資本の対価 負とならば 資本主義とは 一体何か 経済短歌

Now Let’s Ask Ourselves, If Reward for Capital is Negative, What is Capitalism? Economic Tanka

 

– English below

ケインズは古典派経済学にチャレンジしたときに、資本と呼ばずにマネーと呼びました。ケインズは「一般理論」でマイナス金利の可能性について言及しています。しかし、ケインズは、それを現実としてではなく、可能性として考察しているのです。ケインズが、資本という言葉をあえて使わなかったのは、やはりケインズならではの鋭さ、知的明晰さ、周到さのゆえでしょう。

つまり、自らの短期の理論では金利はマネーとしてマイナスになり得る。しかし、それを資本としてとらえた時、それはマイナスにはなり得ないだろうと。資本の対価がマイナスになったとき、それはもはや資本主義とはいえないだろう、ということをケインズは考えたからではないかと私は思います。

ケインズは自らの永遠の宿敵であるリカードの鉄の論理との直接の対決をきわどく回避しました。なぜなら、ケインズはリカードの抜け目なさ、完璧なまでの論理的一貫性を知り抜いていたからでしょう。

マイナス金利について考えるうち、ふとこのようなことが想起されたのです。

2018/2/13

When Keynes challenged the classical economics, he used the term ‘money’ rather than ‘capital’. In his General Theory, he contemplated the possibility of negative interest rates, though not as factual phenomena.  He rather avoided using the term ‘capital’, because of his shrewdness and superior intellectual clarity.

He thinks in his short-term theory, interest rates on ‘money’ can be negative. But he knows that when he regards it as ‘capital’, he can be dragged into very dangerous area.  Because if interest on or reward for capital becomes negative, it can’t perhaps be called capitalism anymore.

Keynes critically avoided direct confrontation with Ricardo, his eternal nemesis. He knows iron and astute logical consistency of Ricardo, too well.

Such thought happens to come into my mind, thinking about negative interest rates.

Kota Nakako

Feb. 13, 2018

© kota nakako, gcs

 

 

Copyright© 2018 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.