リカード「経済学原理」を歩く-138 土地税(Land Tax)-4 土地税の問題点

中湖 康太

【コメント】リカードは土地税の問題点を次のように指摘する。土地税は、最下級の土地を基準として穀物価格を引き上げ、土地の等級による生産力の違いに応じて課されるわけではない。そのため、それよりも上級の土地の地主は、結果として、その価格の上昇による恩恵を受けることになる。

(訳)
すべての耕作される土地に、等級の区別に関係なく均等に課される土地税は、耕作される最下級の土地の耕作者が支払う税の比率にしたがって穀物価格を引き上げる。同じ資本量が投下された土地の生産物の産出量は、その等級によって著しく異なる。もし、与えられた資本で1000クウォーターの穀物を生産する土地で、100ポンドの税金が課されると、穀物価格は、農業者の税金分の負担を補うためクウォーター当り2シリング(KN注: クウォーター当り税0.1ポンド=2シリング; 旧通貨単位)上昇する。しかし、同じ資本でより等級の高い土地で;2000クウォーターが生産されれば、クウォーター当り2シリングとすると、本来200ポンドの税金が課されるべきかもしれない。しかし、両方の土地に等しく課される税金は、良い土地でも悪い土地でも100ポンドになる。結果として、穀物の消費者に税金は転嫁されることになる。それは、国家の急務のための税ではなく、上級の土地の耕作者に、その賃貸期間中に年間100ポンド与えることに等しく、その分を地代として地主に支払うことになる。このような税は、アダム・スミスの格言の第4に反する。それは、国家に入るべき額を超えて、人々から支払うことになるからだ。フランスの革命前の土地税タイユは、この種のものだ。下層民によって耕作された土地にのみ課され、生産物価格は、税金分高くなる。税が課されない土地は、その分の地代の上昇の恩恵をこうむるわけである。十分の一税と生産物への税には、この種の難点はない。それらは生産物価格を上昇させるが、それぞれの等級の土地から、実際の生産力にしたがって利益を得るのであって、最も劣等な土地の生産力にしたがって利益を得るわけではない。

(original text)
An equal land-tax, imposed indiscriminately and without any regard to the distinction of its quality, on all land cultivated, will raise the price of corn in proportion to the tax paid by the cultivator of the land of the worst quality. Lands of different quality, with the employment of the same capital, will yield very different quantities of raw produce. If on the land which yields a thousand quarters of corn with a given capital, a tax of 100l. be laid, corn will rise 2s. per quarter to compensate the farmer for the tax. But with the same capital on land of a better quality, 2,000 quarters may be produced, which at 2s. a quarter advance, would give 200l.; the tax, however, bearing equally on both lands will be 100l. on the better as well as on the inferior, and consequently the consumer of corn will be taxed, not only to pay the exigencies of the state, but also to give to the cultivator of the better land, 100l. per annum. during the period of his lease, and afterwards to raise the rent of the landlord to that amount. A tax of this description then would be contrary to the fourth maxim of Adam Smith, it would take out and keep out of the pockets of the people, more than what it brought into the treasury of the state. The taille in France before the Revolution, was a tax of this description; those lands only were taxed, which were held by an ignoble tenure, the price of raw produce rose in proportion to the tax, and therefore they whose lands were not taxed, were benefited by the increase of their rent. Taxes on raw produce as well as tithes are free from this objection: they raise the price of raw produce, but they take from each quality of land a contribution in proportion to its actual produce, and not in proportion to the produce of that which is the least productive.

Kota Nakako
7/18/19

Copyright© 2019 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.