リカード「経済学原理」を歩く-126 生産物への課税-15 外国貿易のメリット

中湖 康太

【コメント】リカードは、外国貿易が行われれば、国内の生産物価格上昇の影響を受けることはなくなるとし、ここでも外国貿易のメリットを説く。ただし、リカードが「海外の自然価格と国内の自然価格の比較による」と自然価格と述べていることに注意が必要だ。つまり、リカードは市場の完全性(完全競争市場)、裁定が完全にはたらくことを前提に議論を展開している、と推定される。

(訳)

しかし、貨幣価値が増大した場合、それは国内だけでなく外国の商品に対しても上昇するのではないか、したがって、外国商品を輸入するすべての誘因がなくなるのではないか、との反論もでるだろう。外国で100ポンドする商品を輸入し、国内で120ポンドで売っていたとする。貨幣の価値が英国で上昇し、国内で100ポンドでしか売れないとなったら、輸入はやめるべきであろうということになる。しかし、そのようなことは決して起こらないだろう。商品を輸入する動機は、海外で相対的に安い商品があることの発見だ。それは、海外の自然価格と国内の自然価格の比較による。もし、一国が帽子を輸出し、布を輸入したら、それは帽子を作り、それを布と交換することで、自身で布を作るより多くの布を得ることができるからだ。もし、生産物の上昇が、帽子の生産コストの上昇を引き起したとしたら、それは布の生産コストの上昇をも引き起こすことになる。したがって、双方が国内で生産されたとしたら、共に上昇するだろう。しかし、一方は輸入されるために上昇せず、また、貨幣価値が上昇したときには下落もしないだろう。というのは、下落しないことで、輸入された商品との自然な関係を取り戻すからである。生産物の上昇が、帽子を30シリングから33シリングに10%上昇させると、同じ要因で、布の価格をヤード当り20シリングから22シリングに上昇させるだろう。しかし、もし布を輸入すると、その価格は、当初は貨幣価値の下落の、次にはその上昇の影響を受けずに、ヤード当り20シリングを維持するだろう。一方、帽子は30シリングから33シリングに上昇し、ふたたび30シリングに下落するだろう。その点で、布と帽子の関係が維持されることになる。

(original text)

But it may be objected, that when money so rose in value, it would rise with respect to foreign as well as home commodities, and therefore that all encouragement to import foreign goods would cease. Thus, suppose we imported goods which cost 100l. abroad, and which sold for 120l. here, we should cease to import them, when the value of money had so risen in England, that they would only sell for 100l. here: this however could never happen. The motive which determines us to import a commodity, is the discovery of its relative cheapness abroad: it is the comparison of its natural price abroad, with its natural price at home. If a country exports hats, and imports cloth, it does so because it can obtain more cloth by making hats, and exchanging them for cloth, than if it made the cloth itself. If the rise of raw produce occasions any increased cost of production in making hats, it would occasion also an increased cost in making cloth. If therefore both commodities were made at home, they would both rise. One, however, being a commodity which we import, would not rise, neither would it fall, when the value of money rose; for by not falling, it would regain its natural relation to the exported commodity. The rise of raw produce makes a hat rise from 30 to 33 shillings, or 10 per cent.: the same cause if we manufactured cloth, would make it rise from 20s. to 22s. per yard. This rise does not destroy the relation between cloth and hats; a hat was, and continues to be, worth one yard and a half of cloth. But if we import cloth, its price will continue uniformly at 20s. per yard, unaffected first by the fall, and then by the rise in the value of money; whilst hats, which had risen from 30s. to 33s., will again fall from 33s. to 30s., at which point the relation between cloth and hats will be restored.

Kota Nakako
6/27/19

Copyright© 2019 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.