リカード「経済学原理」を歩く-102 外国貿易-25

中湖 康太

【コメント】リカードは、ある特定の国が製造技術の改良を行うと、同国の商品・製品の交換価値は低下し、同時に、同国に貴金属又は貨幣が流入する、と説明する。このような説明の仕方は今日からすると奇異である。これはリカードが価値の基準を労働においているからで、技術の改良(生産性の向上)が行われると、その商品・製品の交換価値は下がる。しかし、その裏で貨幣(貴金属)が流入する。そして一般物価水準は上昇する。これは貨幣数量説に基づくものと推定される。労働価値を基準にした固定相場制に基づく貴金属の流出入による国際収支の調整とも推定される。

(訳)
鉱山採掘技術の改善により、より少ない労働で貴金属を生産できるようになると、一般的な貨幣価値は下落する。全ての国でより少ない商品としか交換できなくなる。しかし、いずれかの国で製造業が優位になると、その国に貨幣が流入し、貨幣価値は下落する。そして、その国の穀物、労働の価格は、他の国に比べて相対的に高くなる。

(original text)
Any improvement in the facility of working the mines, by which the precious metals may be produced with a less quantity of labour, will sink the value of money generally. It will then exchange for fewer commodities in all countries; but when any particular country excels in manufactures, so as to occasion an influx of money towards it, the value of money will be lower, and the prices of corn and labour will be relatively higher in that country, than in any other.

この貨幣価値の変化は為替レートには反映されないだろう。手形は依然として額面で交渉される。しかし、穀物と労働の価格は、その国において他国よりも10、20、30パーセント高くなるだろう。このような価格の違いは自然な法則に従って生じるのである。交換は額面の通り行われる。十分な貨幣量が製造業のすすんだ国に流入し、穀物と労働の価格を引き上げる。もし、海外諸国が貨幣の輸出を禁止し、その規制が有効だった場合には、製造業国の穀物と労働の価格の上昇を妨げることになるだろう。というのも、このような価格の上昇は、紙幣が使われていないとすれば、貴金属の流入があって初めて生じるからである。しかし、だからといって、実際の交換が著しく不利になることを妨げることはできない。英国が製造業国であり、貨幣の輸入を禁止することが可能だったとしても、フランス、オランダ、スペインとの交換比率は、5、10、20パーセントの割引になるだろう。

This higher value of money will not be indicated by the exchange; bills may continue to be negotiated at par, although the prices of corn and labour should be 10, 20, or 30 per cent. higher in one country than another. Under the circumstances supposed, such a difference of prices is the natural order of things, and the exchange can only be at par when a sufficient quantity of money is introduced into the country excelling in manufactures, so as to raise the price of its corn and labour. If foreign countries should prohibit the exportation of money, and could successfully enforce obedience to such a law, they might indeed prevent the rise in the prices of the corn and labour of the manufacturing country; for such rise can only take place after the influx of the precious metals, supposing paper money not to be used; but they could not prevent the exchange from being very unfavourable to them. If England were the manufacturing country, and it were possible to prevent the importation of money, the exchange with France, Holland, and Spain, might be 5, 10, or 20 per cent. against those countries.

Kota Nakako
5/29/19

Copyright© 2019 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.