リカード「経済学原理」を歩く-75 利益-14

中湖 康太

【コメント】リカードは収穫逓減の原則が支配する中での分配論を展開する。そして、地主のみがその配分を高めて利得者となると述べる。これは土地の相対的稀少性を前提にした論理的帰結であるといってよいだろう。

しかし、これはかなり素朴な農業経済において成り立つ帰結であるといってよいだろう。リカードのいう地主への分配増は、第一に、土地の相対的稀少性、第二に、土地の生産性格差、等級を前提とすることから発生しているといえるだろう。

地代、より一般的には経済的レントの理論は、供給に制約がある生産要素、財サービスにはすべて成り立つものといってよい。例えば参入障壁も経済的レントの発生の要因のひとつである。

今日ではまず農業の経済に占めるシェアの著しい低下がある。また、土地の供給は建物の高層化、交通通信の発達等により、相対的稀少性は、著しく低下しているといってよいのではないだろうか。

(訳)
資本ストックは、生産物と価値の増加がなければ、利益を産み出したとしても、資本の蓄積はおこりえない。追加的な10万ポンドの資本を投下しても、これまでの資本の生産性が減少するということはないだろう。一国の土地と労働の生産物とその価値は、それまでの生産物への追加的な価値だけでなく、ますます困難になる最終的な追加的な部分の生産によって、土地全体の生産物に新しい価値が加えられる。その新しい価値はいつでも地代に配分される。資本の蓄積が非常に大きくなると、増加した価値にもかかわらず、利益への配分は減り、地代と賃金への配分が増える。このように、連続的な10万ポンドの追加的資本投下は、利益率の低下により、20から19、18、17パーセントetc.と減少していき、年間に生産される生産物は、追加的な資本が生産する追加的な生産量とその全体の価値全体以上に増加する。2万ポンドから3.9万ポンドに上昇し、5.7万ポンド以上になる。そして投下資本が100万なると、これまで仮定したように、追加的に10万ポンドの資本が投下され6000ポンド以上が一国の収入に追加されても、価値総額は、実際には以前より少なくなる。しかも、それは地主の収入となる。地主は追加的な生産物以上の配分を得て、資本家のそれまでの利得をも侵食する。これまでの計算で示したように、穀物のクオーター当りの価格を4ポンドとすると、地代を払った後に残る720ポンド毎に、農業者は480ポンドを獲得し、240ポンドは労働者に支払われる。価格がクオーター当り6ポンドに上昇すると、労働者に300ポンドを払い、420ポンドを利益として得る。もし、投下資本が非常に大きく、100,000 x 720ポンド、すなわち72百万ポンドになると、小麦価格がクオーター当り4ポンドのとき、農業者への配分総額は48百万ポンドになる。そして、より大きな資本を投下すると、小麦が6ポンドのとき、105,000 x 720ポンド、つまり75.6百万ポンドを得るが、配分額は48百万ポンドから44.1百万ポンド(=105,000 x 420l.)に減少する。そして、賃金への配分は24百万ポンドから31.5百万ポンドになる。賃金は、資本に対してより多くの労働者が雇用されるために増加するだろう。そして、各労働者はより多くの貨幣賃金を得るだろう。しかし、労働者の状況は、すでに見たように、労働者1人あたり1国の生産物のより少ない量しか得られないために悪化する。実質的な唯一の利得者は地主である。第一に、生産物がより高い価値をもつために、より多くの地代を獲得し、第二に、より多くの配分を得るであろう。

(original text)
There can, however, be no accumulation of capital, so long as stock yields any profit at all, without its yielding not only an increase of produce, but an increase of value. By employing 100,000l. additional capital, no part of the former capital will be rendered less productive. The produce of the land and labour of the country must increase, and its value will be raised, not only by the value of the addition which is made to the former quantity of productions, but by the new value which is given to the whole produce of the land, by the increased difficulty of producing the last portion of it, which new value always goes to rent. When the accumulation of capital, however, becomes very great, notwithstanding this increased value, it will be so distributed that a less value than before will be appropriated to profits, while that which is devoted to rent and wages will be increased. Thus with successive additions of 100,000l. to capital, with a fall in the rate of profits, from 20 to 19, to 18, to 17 per cent. &c. the productions annually obtained will increase in quantity, and be of more than the whole additional value, which the additional capital is calculated to produce. From 20,000l. it will rise to more than 39,000l. and then to more than 57,000l., and when the capital employed is a million, as we before supposed, if 100,000l. more be added to it, and the aggregate of profits is actually lower than before, more than 6000l. will nevertheless be added to the revenue of the country, but it will be to the revenue of the landlords; they will obtain more than the additional produce, and will from their situation be enabled to encroach even on the former gains of the capitalist. Thus, suppose the price of corn to be 4l. per quarter, and that therefore, as we before calculated, of every 720l. remaining to the farmer after payment of his rent, 480l. were retained by him, and 240l. were paid to his labourers; when the price rose to 6l. per quarter, he would be obliged to pay his labourers 300l. and retain only 420l. for profits. Now if the capital employed were so large as to yield a hundred thousand times 720l. or 72,000,000l. the aggregate of profits would be 48,000,000l. when wheat was at 4l. per quarter; and if by employing a larger capital, 105,000 times 720l. were obtained when wheat was at 6l., or 75,600,000l., profits would actually fall from 48,000,000l. to 44,100,000l. or 105,000 times 420l., and wages would rise from 24,000,000l. to 31,500,000l. Wages would rise because more labourers would be employed, in proportion to capital; and each labourer would receive more money wages; but the condition of the labourer, as we have already shewn, would be worse, inasmuch as he would be able to command a less quantity of the produce of the country. The only real gainers would be the landlords; they would receive higher rents, first, because produce would be of a higher value, and secondly, because they would have a greatly increased proportion.

Kota Nakako

2019/3/16

Copyright© 2020 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.