リカード「経済学原理」を歩く-66 利益-5

中湖 康太

【コメント】リカードにあっては価値は労働投入量によって決まる。ただし配分は異なる。生産量の拡大に伴う限界生産力の逓減に伴い生産物価格は上昇する。地代の配分が増え、残りの一定額を利益と賃金で分ける。

(訳)
追加的な生産物を得るためには、より多くの労働と資本を投入する。その結果として生ずる穀物価格の上昇は、追加的な地代、または追加的な労働の価値に必ず等しくなる。つまり、穀物が4ポンドであれ4ポンド10シリングであれ、または5ポンド2シリング10ペンスで売られるにせよ、農業者は地代を支払った後に残った同じ実質価値を得ることになる。このように、農業者に属する生産物が180クウォーターであれ、170クウォーターであれ、160クウォーター、または150クウォーターであれ、いつも同じ720ポンドを得るのだ。価格は生産量に反比例して上昇する。

地代は、いつも農業者ではなく消費者に課されるように見える。もし、農業者の農地の生産量がいつも180クウォーターだとする。価格の上昇により、その農業者はより少ない生産物価値を得る。地主はより大きな生産物価値を得る。その減少により農業者はいつも同じ720ポンドを得る。

すべての場合に、同じ720ポンドは賃金と利益に配分される。もし土地の生産物価値がこの価値を超える場合は、それは、その額がいかなるものであるにせよ地代に属する。もし、超過がないとすれば、地代はなくなる。賃金または利益が増加するにせよ減少するにせよ、その合計は720ポンドになる。利益はこの720ポンドのうち、労働者の絶対的必要分を超えて配分されることはない。一方、賃金は利益への配分が無くなるほど高くなることもない。

このように、いかなる場合も、農業者利益は、製造者利益と同様に、賃金の上昇に伴う生産物価格の上昇によって低められる。もし、農業者が地代を支払った後に残された追加的な穀物価値を得ることがなく、製造業者が、製造物の追加的価値を得ることがなく、両者が賃金により多くの価値を支払うことになれば、賃金の上昇は、必ず利益の減少につながると言いきってよいであろうか?

It will be seen then, that whatever rise may take place in the price of corn, in consequence of the necessity of employing more labour and capital to obtain a given additional quantity of produce, such rise will always be equalled in value by the additional rent, or additional labour employed; so that whether corn sells for 4l., 4l. 10s., or 5l. 2s. 10d., the farmer will obtain for that which remains to him, after paying rent, the same real value. Thus we see, that whether the produce belonging to the farmer be 180, 170, 160, or 150 quarters, he always obtains the same sum of 720l. for it; the price increasing in an inverse proportion to the quantity.

Rent then, it appears, always falls on the consumer, and never on the farmer; for if the produce of his farm should uniformly be 180 quarters, with the rise of price, he would retain the value of a less quantity for himself, and give the value of a larger quantity to his landlord; but the deduction would be such as to leave him always the same sum of 720l.

It will be seen too that, in all cases, the same sum of 720l. must be divided between wages and profits. If the value of the raw produce from the land exceed this value, it belongs to rent, whatever may be its amount. If there be no excess, there will be no rent. Whether wages or profits rise or fall, it is this sum of 720l. from which they must both be provided. On the one hand, profits can never rise so high as to absorb so much of this 720l., that enough will not be left to furnish the labourers with absolute necessaries; on the other hand, wages can never rise so high as to leave no portion of this sum for profits.

Thus in every case, agricultural, as well as manufacturing profits are lowered by a rise in the price of raw produce, if it be accompanied by a rise of wages. If the farmer gets no additional value for the corn which remains to him after paying rent, if the manufacturer gets no additional value for the goods which he manufactures, and if both are obliged to pay a greater value in wages, can any point be more clearly established than that profits must fall, with a rise of wages?

Kota Nakako

2019/3/1

Copyright© 2020 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.