Notes on Ricardo’s Principles (55) 賃金8 Wages 8

中湖 康太

リカードにおける分配論は土地の相対的稀少性を前提にしている。つまり、土地は資本、労働に対して相対的に稀少性を持つゆえに、資本蓄積、労働人口増加に伴って土地への配分が増大する。また等級の高い土地は、より低い等級の土地が耕作されるにしたがって差額地代が発生しより高い地代を獲得することになる。等級の高い土地価格はますます上昇する。余談だが、リカードは当時の欧州の封建的な土地所有制度、貴族による土地所有を批判的に見ていたのだろうか。リカードは労働者階級に同情的であったのだろうか。エンタープライズ(企業家精神)をどう見ていたのだろうか。

Ricardo’s theory on the distribution of national dividend depends primarily on the scarcity of land, in particular, that of superior land. With the accumulation of capital and the increase of population, the share of rent, or landlords tends to increase. Off the subject, Ricardo may have had a critical eye on feudalistic and aristocratic ownership of land, in Europe in those days. He seems to be sympathetic to laboring class, perhaps. How did he see the enterprise and entrepreneurship?

 

労働者の実質賃金は減少するにもかかわらず、この名目賃金の増加は必然的に製造業者の利益を減少させることになる。製品はより高い価格では販売できないが生産コストは上昇するからだ。ここで利益を支配する法則を検証することにする。

Notwithstanding, then, that the laborer would be really worse paid, yet this increase in his wages would necessarily diminish the profits of the manufacturer; for his goods would sell at no higher price, and yet the expense of producing them would be increased. This, however, will be considered in our examination into the principles which regulate profits.

同様に名目地代も上昇するだろう。追加的労働の投入にともなって必要となる追加的食料の供給はより困難になる(限界生産力逓減:中湖注)ため、賃金が上昇することになる。貨幣価値が一定であると仮定すると、地代も賃金も富と人口の増加に従って上昇する傾向を持つ。

It appears, then, that the same cause which raises rent, namely, the increasing difficulty of providing and additional quantity of food with the same proportional quantity of labor, will also raise wages; and therefore, if money be of an unvarying value, both rent and wages will have a tendency to rise with the progress of wealth and population.

しかし、地代と賃金の上昇は根本的に違う性質を持つことに注意が必要である。名目地代が上昇するだけでなく、地代の生産物に占める割合が高まる。つまり、地主の貨幣地代が増大するだけでなく、穀物地代も同様に増大する。地主はより多くの穀物を獲得する。そして穀物1単位で交換できる他の商品は増大する。それらの商品の価値は増大しないからである。

But here is this essential difference between the rise of rent and the rise of wages. The rise in the money value of rent is accompanied by an increased share of the produce; not only is the landlord’s money rent greater, but his corn rent also; he will have more corn, and each defined measure of that corn will exchange for a greater quantity of all other goods which have not been raised in value.

労働者の運命はより幸せということにはならない。彼はより多くの名目賃金を得るだろうが、穀物賃金は減少する。名目賃金は増加するが、より少ない穀物しか買えなくなり、生活水準が悪化する。市場賃金を自然賃金よりも高く維持することが困難と知ることになる。穀物価格が10%上昇しても、賃金は10%未満でしか上昇しない。しかし地代の上昇率はより高くなる。労働者の一般的生活水準は低下し、地主のそれは改善する。

The fate of the laborer will be less happy; he will receive more money wages, it is true, but his corn wages will be reduced; and not only his command of corn, but his general condition will be deteriorated, by his finding it more difficult to maintain the market rate of wages above their natural rate. While the price of corn rises 10 percent, wages will always rise less than 10 percent, but rent will always rise more; the condition of the laborer will generally decline, and that of the landlord will always be improved.

続く to be continued.

Kota Nakako

2018/3/27

Copyright© 2018 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.