Notes on Ricardo’s Principles (49) 賃金2

中湖 康太

Notes on Ricardo’s Principles (49) On Wages 2

リカードは、賃金が自然価格に収束する傾向をもつことを説明する。賃金が自然価格を下回る時、労働者は生活に必要な食料、必需品、便利品を購入できず困窮することになる。リカードのこのような表現により、経済学は「陰鬱な科学」と呼ばれるにいたったのだろう。しかし、留意すべきは、リカードはこのような状況は長続きせず、自然価格に収束することを説いているのである。

また、より重要なことは、リカードは社会の進歩に伴って、資本が定常的に増加するような状況では、労働需要が増加し、労働の市場価格は、永続的に自然価格を上回るかもしれない、と述べていることである。ここで、リカードは、資本の増加が経済成長の原動力であると説いていると解することが可能であろう。

()

労働の市場価格は、労働に対する自然な需給の作用によって、実際に労働に対して支払われた価格である。それが稀少なときは高くなり、過剰なときは安くなる。どんなに労働の市場価格が、自然価格から乖離したとしても、商品と同じく、自然価格に収束する傾向を持つ。

労働の市場価格が、自然価格を上回っている時は、労働者は、繁栄し、幸せな時であり、より多くの必需品や生活の楽しみを得られるときである。したがって、健康で多くの家族を養うことができる。しかし、高い賃金が人口増を刺激する時、つまり労働者が増加する時には、賃金は再び自然価格に下落し、時には過剰反応により自然価格を下回ることもある。

労働の市場価格が自然価格より低い時は、労働者が著しく困窮する時である。貧困が、習慣が必要とする絶対的な必需品がもたらす快適さを奪うだろう。貧困が労働者数を減少させた時、または労働者への需要が増加した時、労働の市場価格が自然価格に上昇し、自然賃金がもたらす適度な快適さを得ることができるのである。

賃金が自然価格に収束する傾向にも関わらず、その市場価格は、改善する社会において、永続的に自然価格を上回るかもしれない。というのは、資本の増加が、労働の需要を生む刺激が生じ満たされるや、さらなる資本の増加が同様の効果を生み出すからである。このように資本が緩やかに定常的に増加するならば、それがもたらす労働需要により、継続的な人口増を促すかもしれない。

The market price of labour is the price which is really paid for it, form the natural operation of the proportion of the supply to the demand; labour is dear when it is scarce, and cheap when it is plentiful. However much the market price of labour may deviate from its natural price, it has, like commodities, a tendency to conform to it.

It is when the market price of labour exceeds its natural price, that the condition of the labourer is flourishing and happy, that he has it in his power to command a greater proportion of the necessaries and enjoyments of life, and therefore to rear a healthy and numerous family. When, however, by the encouragement which high wages give to the increase of population, the number of labourers is increased, wages again fall to their natural price, and indeed from a re-action sometimes fall below it.

When the market price of labour is below its natural price, the condition of the labourers is most wretched: then poverty deprives them of those comforts which custom renders absolute necessaries. It is only after their privations have reduced their number, or the demand for laour has increased, that the market price of labour will rise to its natural price, and that the labourer will have the moderate comforts which the natural rate of wages will afford.

Notwithstanding the tendency of wages to conform to their natural rate, their market rate may, in an improving society, for an indefinite period, be constantly above it; for no  sooner may the impulse, which an increased capital gives to a new demand for labour be obeyed, than another increase of capital may produce the same effect; and thus, if the increase of capital be gradual and constant, the demand for labour may give a continued stimulus to an increase of people.

(2017/1/18)

Copyright© 2018 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.