Notes on Ricardo’s Principles (46) 自然価格と市場価格 3

中湖 康太

リスク調整後の資本収益率の均等化 

リカードは、自然価格において全ての資本収益率が均等化されることを述べる。但し、注目すべきは、その収益率は、名目金銭的な収益率ではなく、「安全性(security)、透明性(cleanliness)、容易性(ease)、その他の実質のあるいは推定された有利さ(any other real or fancied advantage)を考慮した上での均等化としていることである。つまり、リカードが資本収益率均等化の法則を説くとき、それは、リスク調整後の資本収益率を意味しているのである。これは現代のファイナンス理論に通じるものであり、今さらながらリカードの時代を超越した明晰さに驚くばかりである。

()

ある資本家が、その資金(資本)の投入先を決定するにあたっては、当然のことながら、様々な投資機会を比較した上で、より有利な投資機会を求めることになる。 

その際、金銭的利益だけでなく、安全性、透明性、容易性等も考慮に入れる。

投資機会を比較した上で、資本収益率があるものは20%、他のものは25%、また他のものは30%と推定されたとする。それらの相対的関係がそのまま続くかもしれないし、何らかの原因で、このうちのひとつの収益率が10%上昇するかもしれない。しかし、それは一時的なもので直ちにもとの収益率に戻るかもしれない。又、他の投資機会の収益率も同様に10%上昇するかもしれない。

現在の状況は、例外的なものである。戦争の終結によって従来の欧州における分業関係が崩れ、資本家はあらたな秩序における分業の位置づけを模索している状態である。

全ての商品が自然価格で均衡していると仮定してみよう。つまりすべての商品の資本収益率は同一か、又はそれぞれが持つ優位性に応じた差異があるとしよう。

世の中の嗜好、流行の変化により、絹の需要が高まり、綿の需要が減少したとしても、それらの自然価格、すなわちそれらの生産に必要な労働力は変化しない。しかし、絹の市場価格は上昇し、綿の市場価格は下落することになるだろう。その結果、絹生産者の利益率は、一般的な資本収益率より高くなり、綿生産者のそれはより低くなるだろう。

利益率だけでなく賃金もこのような資本配分の変化の影響を受けることになる。

しかし、このように増加した絹需要は、ほどなく絹供給量の増加につながる。資本と労働が綿生産者から絹生産者に移動するためである。そして、絹と綿の市場価格は、再び自然価格に均衡し、資本収益率は均等となるのである。

A capitalist, in seeking profitable employment for his funds, will naturally take into consideration all the advantages which one occupation possesses over another. He may therefore be willing to forego a part of his money profit, in consideration of the security, cleanliness, ease, or any other real or fancied advantage which one employment may possess over another.

If from a consideration of these circumstances, the profits of stock should be so adjusted, that in one trade they were 20, in another 25, and in another 30 per cent., they would probably continue permanently with that relative difference, and with that difference only; for if any cause should elevate the profits of one of these trades 10 per cent, either these profits would be temporary, and would soon again fall back to their usual station, or the profits of the others would be elevated in the same proportion.

The present time appears to be one of the exceptions to the justness of this remark. The termination of the war has so deranged the division which before existed of employments in Europe, that every capitalist has not yet found his place in the new division which has now become necessary.

Let us suppose that all commodities are at their natural price, and consequently that the profits of capital in all employments are exactly at the same rate, or differ only so much as, in the estimation of the parties, is equivalent to any real or fancied advantage which they possess or forego. Suppose now that a change of fashion should increase the demand for silks, and lessen that for woolens; their natural price, the quantity of labour necessary to their production, would continue unaltered, but the market price of silks would rise, and that of woolens would fall; and consequently the profits of the silk manufacturer would be above, whilst those of the woolen manufacturer would be below, the general and adjusted rate of profit. Not only the profits, but the wages of the workmen, would be affected in these employments. This increased demand for silks would however soon be supplied, by the transference of capital and labour from the woolen to the silk manufacturer; when the market prices of silks and woolens would again approach their natural prices, and then the usual profits would be obtained by the respective manufacturers of those commodities.

2017/1/14

 

 

Copyright© 2020 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.