Notes on Ricardo’s Principles (44) – 自然価格と市場価格 1

中湖 康太

途切れていたリカードの「経済学及び課税の原理」について読みすすめよう。

第4章でリカードは、自然価格と市場価格の乖離について述べる。自然価格は、今日の経済学でいう均衡価格と見なしてよいだろう。但し、リカードは価値の基礎を労働(又は相対的な労働量)においているような叙述をしている。また、均衡価格への競争を通じた調整過程で資本の効率的配分が同時に達成される趣旨が述べられている。その意味で、短期と長期の概念が同時に扱われていると言ってよいだろう。そして、資本収益率の均等化、すなわち資本の限界効率の概念が登場する。

第4章 自然価格と市場価格

商品の価値の基礎は労働とその生産に必要な相対的労働量であり、交換にあたって、必要な商品量を決めるルールである。しかし、実際の市場価格が、偶然に、または一時的に、その自然価格から乖離することを否定すべきではない。

通常の出来事の成行き、時間の経過において、需要量と供給量は正確に見合うとはいえない。

このような変化の過程を経た結果として、それぞれの商品の生産において、その時の需要に応じて、過不足なく必要な量だけ供給されるように、資本は正確に配分されることになる。

価格の上下によって、利益は一般的水準より高く、又は低くなる。

そして、それに従って資本は流入し、又は流出する。すべての人は、その資本を最も有利な用途に投入するだろう。

例えば、資本収益率15%の投資機会があれば、資本収益率10%の投資機会から資本を引き上げるだろう。

資本は、より有利な投資機会を求めて配分されるが、その結果、全ての投資機会において資本収益率が等しくなるような傾向をもつ。つまり、市場参加者の推定において、ある投資機会の収益率が、より高ければ、その投資機会から資本を引き上げ、より高い利益の投資機会に配分される。このような過程を通じて、全ての投資機会の収益率は、ある水準に到達する。つまり、いかなる投資機会においても資本収益率は等しくなるのである。

CHAPTER IV   ON NATURAL AND MARKET PRICE

IN making labour the foundation of the value of commodities, and the comparative quantity of labour which is necessary to their production, the rule which determines the respective quantities of goods which shall be given in exchange for each other, we must not be supposed to deny the accidental and temporary deviations of the actual or market price of commodities from this, their primary and natural price.

In the ordinary course of events, there is no commodity in that degree of abundance, which the wants and wishes of mankind require, and therefore there is none which is not subject to accidental and temporary variations of price.

It is only in consequence of such variations, that capital is apportioned precisely, in the requisite abundance and no more, to the production of the different commodities which happen to be in demand. With the rise or fall of price, profits are elevated above, or depressed below their general level, and capital is either encouraged to enter into, or is warned to depart from the particular employment in which the variation has taken place.

Whilst every man is free to employ his capital where he pleases, he will naturally seek for it that employment which is most advantageous; he will naturally be dissatisfied with a profit of 10 per cent., if by removing his capital he can obtain a profit of 15 per cent. This restless desire on the part of all the employers of stock, to quit a less profitable for a more advantageous business, has a strong tendency to equalize the rate of profits of all, or to fix them in such proportions, as may in the estimation of the parties, compensate for any advantage which one may have, or may appear to have over the other.

2017/1/9

Copyright© 2019 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.