Notes on Ricardo’s Principles (16) – 価値 15

中湖 康太

労働の限界生産力の上昇が賃金の上昇に繋がると解すべき

以下のように、リカードは、賃金の変化よりも、労働投入量の変化が、重要であると述べているが、実は、機械の導入による生産性向上が労働の節約に作用し、商品の相対価値に影響することを強調していることに留意すべきであろう。リカードはここで、賃金の変化と労働投入量の変化(これは、労働・資本比率の変化といってもよいであろうか)、を独立のものとして述べているが、実は、資本導入による生産性向上による、労働の限界生産力の上昇が賃金の上昇に繋がる、と見るべきではないだろうか。つまり、労働生産性が商品の相対価値に与える影響を述べている、と思われる。

賃金の変化より労働投入量の変化が重要というリカードの主張

「このように、賃金の増減が、商品の相対価値に与える影響は限定的であるが、労働量の増減は、商品の相対価値に大きな影響を与える。例えば、穀物を生産するために必要な労働が、100人ではなく80人に減ったとすると、穀物の価値は、5500ポンドから4400ポンドへ20%減少することになる。もし、衣料を生産するために、100人ではなく80人の労働で済むとしたら、衣料の価値は、6050ポンドから4950ポンドに減ることになるだろう。賃金の変化による利益率への影響についても適切な配慮が必要であるが、生産に必要な労働量の変化は、より重要である。機械、道具、建物等の改良は、労働の節約に繋がる。その結果、商品の価値は大きく変化する。本書においては、商品の生産のために必要な労働量の変化によって生ずる相対価値の変化を中心に述べようと思う。」 

Not so with the other great cause of the variation in the value of commodities, namely, the increase or diminution in the quantity of labor necessary to produce them. If to produce the corn, eighty, instead of one hundred men, should be required, the value of the corn would fall 20 percent, or from £5500 to £4400. If to produce the cloth, the labor of eighty instead of one hindered men would suffice, cloth would fall from £6050 to £4950. An alteration in the permanent rate of profits, to any great amount, is the effect of causes which do not operate but in the course of years, whereas alterations in the quantity of labor necessary to produce commodities are of fairly occurrence. Every improvement in machinery, in tools, in buildings, in raising the raw material, saves labor, and enables us to produce the commodity to which the improvement is applied with more facility, and consequently its value alters. In estimating, then, the causes of the variations in the value of commodities, although it would be wrong wholly to omit the consideration of the effect produced by a rise or fall of labor, it would be equally incorrect to attach much importance to it; and consequently, in the subsequent part of this work, tough I shall occasionally refer to this cause of variation, I shall consider all the great variations which take place in the relative value of commodities to be produced by the greater or less quantity of labor which may be required from time to time to produce them.

市場にもたらされる時期が異なれば、交換価値は異なる

「生産に必要な労働量が同じであっても、市場にもたらされる時期が異なっていれば、その交換価値が異なることは言うまでもないだろう」

It is hardly necessary to say that commodities which have the same quantity of labor bestowed on their production will differ in exchangeable value if they cannot be brought to market in the same time.

(2015.8)

Copyright© 2020 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.