Notes on Ricardo’s Principles (14) – 価値 13

中湖 康太

リカード経済学が論理的かつ実践的な理由

リカードの叙述には、しばしば数値例使われる。マーシャルによれば、リカードの説明は、その前提等が省略されて進められる等、不完全であることがしばしばである。しかし、マーシャルはそういった説明不足を補って解釈すると、リカードの数理的、論理的抜け目のなさは、高等数学が使われるわけではないが、その後継者たちに比べて群を抜いている趣旨のことを述べている。リカード経済学が、論理的かつ実践的であるのは、経済学者であると同時に、実務家、投資家であるリカードのこのようなアプローチのゆえであるといってよい。

資本の論理

リカードは、ここから、機械(資本)を使わない農業と、機械(資本)を使用する衣料・綿製造業者を例にして、「資本の論理」について語り始める。資本には耐久性がある(単年で費消尽くされない)故に、複数年で比べた場合に、より多くの価値を生み出すのである。価値が増殖する、といってもよいであろう。今日の我々は、資本の論理を、当たり前のように思っているが、このように基本に返って説明されると新鮮である。「人的資本」という意味も分かるようになる。つまり、労働は、日々使い果たされる(費消される)ものであるのに対して、人的資本は、日々費消され尽くされることなく、生産活動を行うために、より多くの価値を生み出すわけである。 

「例えば、2人の雇主が、2つの機械の製造のために各々1年間100人を雇い、もう1人の雇主が穀物の栽培のために同じく100人を雇ったとする。各々の機械は、その1年の終わりに穀物と同じ価値を持つであろう。というのも、それらは、各々同じ労働投入量で生産されたからである。例えば、機械の所有者の1人が、100人を雇い、2年目に、衣服の生産のためにその機械を使う。もう一方の機械の所有者も、同じく100人を雇い綿製品を生産する。農家は引き続き100人を雇い、2年目にも穀物を生産する。」 

「つまり、2年目にも、各々が同じ100人の労働者を雇用するわけである。ここで、衣料と綿製品の製造業者と、穀物生産者の生産物と機械の価値は、100人の労働者を1年間だけ使用した結果であるか、それとも100人を2年間使用した結果であるというべきか。穀物は100人の労働1年分で生産されたものであり、もし、穀物が500ポンドの価値があるならば、衣料製造者の衣料と機械は合わせて1000ポンドの価値になると考えてよいだろうか。とすれば、綿製造業者の綿製品と機械の価値も、穀物の2倍になる筈である。しかし、各製造業者の製品と機械の価値は穀物の2倍以上の価値がある。それは、服製造者と綿製造者の1年目の資本に対する利益が、各々の資本に加わるが、農家は、各年の利益を享受し、使い果たすためである。」

During the second year they well all have employed the same quantity of labor, but the foods and machine together of the clothier, and also of the cotton manufacturer, will be the result of the labor of two hundred men employed for a year; or, rather, of the labor of one hundred men for two years; whereas the corn will be produced by the labor of one hundred men for one year, consequently if the corn be of the value of £500, the machines and cloth of the clothier together ought to be of the value of £1000, and the machine and cotton goods of the cotton manufacturer ought to be also of twice the value of the corn. But they will be of more than twice the value of the corn, for the profit on the clothier’s and cotton manufacturer’s capital for the first year has been added to their capitals, while that of the the farmer has been expended and enjoyed.

Suppose two men employ one hundred men each for a year in the construction of two machines, and another man employs the same number of men in cultivating corn, each of the machines at the end of the year will be of the same value as the corn, for they will each be produced by the same quantity of labor. Suppose one of the owners of one of the machines employ it, with the assistance of one hundred men, the following year in making cloth, and the owner of the other machine to employ his also with the assistance likewise of one hundred men, in making cotton goods, while the former continues to employ one hundred men as before in the cultivation of corn.

資本の耐久性

リカードは、資本の価値増殖のメカニズムを数値例を使って説明するが(後述)、その前に、資本の耐久性について言及する。「資本の耐久性の程度の違い、つまり、一連の商品が市場にもたらされるまでの時間については、資本は、それらに使用された労働に比例して価値が増加するのではなく、資本は、より長い期間にわたって生産に貢献するために、その生産物と資本の価値はより高まるのである。」

On account then of the different degrees of durability of their capitals, or, which is the same thing, on account of the time which must elapse before one set of commodities can be brought to market, they will be valuable, not exactly in proportion to the quantity of labor bestowed on them – they will not be as two to one, but something more, to compensate for the greater length of time which must elapse before the most valuable can be brought to market.

資本の価値増殖のメカニズム

リカードは、資本の使用が価値に与える作用について、数値例を使って説明する。但し、ここでの例は、労働・資本比率が単純化され、農家は労働100%、製造業者は資本(機械)100%が仮定されている。

「例えば、1人の労働者に対して1年50ポンドが支払われたとする。あるいは5000ポンドの資本が使用され、利益率が10パーセントだったとする。それぞれの穀物、機械の価値は、1年後には、5500ポンドになる。2年目に、製造業者と農家は、再び、労働に各々5000ポンド支払ったとする。そして、各々の生産物を5500ポンドで売ったとする。機械を使う労働者の数は農夫の数は同じであるが、製造業者は機械に投下した5500ポンドだけを受け取るわけではない。結果として、製造業者の製品は6050ドルで売られることになる。投下した(固定)資本量が異なるために、その製品は価値が異なってくるのである。」

ここで、製造業者の製品が、2年目で6050ボンドで売られる、というのは、5000 x ( 1 + 0.1 )2 = 5000 x 1.21 = 6050 である。つまり、1年目の利益が資本に再投資されていることを意味する。

Suppose that for the labor of each workman £50 per annum were paid, or that £5000 capital were employed and profits were 10 percent, the value of each of the machines as well as of the corn, at the end of the first year, would be £5500. The second year the manufacturers and farmers will again employ £5000 each in the support of labor, and will therefore again sell their goods for £5500; but the men using the machines to be on a par with the farmer, must not only obtain £5500, which they have invested in machinery, and consequently their goods must sell for £6050. Here, then, are capitalists employing precisely the same quantity of labor annually on the production of their commodities, and yet the goods they produced differ in value on account of the different quantities of fixed capital, or accumulated labor, employed by each respectively. The cloth and cotton goods are of the same value, because they are the produce of equal quantities of labor and equal quantities of fixed capital: but corn is not of the same value as these commodities, because it is produced, as far as regards fixed capital, under different circumstances.

(2015.8)

Copyright© 2020 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.