‘ノベルズ Novels’ カテゴリ

アナリスト出門甚一の冒険 矛盾に満ちたミーティング

2019-02-13
村岡昭三との矛盾に満ちたミーティング 出門と房田は、村岡インベストメンツの会議室の通された。しばらくすると村岡昭三があらわれた。村岡は、出門と房田に目を向けるわけでもなく、60センチほど前を見るような感じで席にすわるとようやく出門と房田にチラリと視線を向けた。房田は言った。 ― 本日は、ありがとうございます。UPGの株式調査部メディア・テクノロジー担当の出門と一緒に参りました。先日、お話ししましたように、出門は東亜ラジオの株価について割安であるとのレポートを出しております。 村岡は表情を変えなかった。そして出門の説明を求めることなく話し始めた。 ― 東亜ラジオは、レインボーブリッジテレビの40%を持っている。その価値が株価に反映されていない、そんなことは説明されなくてもわかっている。言いたいことはそれだけかね。 村岡は、説明されなくてもそんなことは分かりきったことだ、という表情を...
→ 続きを読む

アナリスト出門甚一の冒険 村岡ファンド

2019-01-30
その日、出門はセールスの房田祥子と大手町からタクシーに乗り、内幸町の村岡ファンドのオフィスに向かった。房田はいう。 ― ラジオ局の東亜ラジオについて出門さんの見方を説明していただけますか。 出門は通常、大手の機関投資家に対して説明することが多い。房田祥子のアレンジで独立系の村岡ファンドの代表村岡昭三と会うのが楽しみだった。出門は房田に言った。 ― 房田さん。このミーティングをセットしてくれてありがとう。面白そうだね。村岡ファンドはやはり目のつけどころがいいね。 村岡ファンドは、もの言う株主として話題になっていた。ジャパン・テクスタイルの株を買い占め、株主として、遊休資産を売却して配当を増やすように要求していた。ジャパン・テクスタイルの株価は低迷していた。本業は、国際競争力のなさから先細りとの見方が広がっていたのである。村岡ファンドの代表である村岡昭三は、経営陣に遊休資産を活用できな...
→ 続きを読む

アナリスト出門甚一の冒険 鈴木商事の貴金属トレーディング巨額損失

2019-01-30
その日の早朝、出門は携帯端末のアラーム音で目がさめた。出門のカバーする大手総合商社の鈴木商事が貴金属トレーディングで5,000億円の巨額損失を被ったとのニュースが、ニューヨークで報道されたからである。電話の向こうは、ニューヨークセールスのカレンだった。 「甚一、ごめんなさい。でもあなたをおこさなちゃならないの。鈴木商事が貴金属トレーディングで50億ドルの損失を被ったとのニュースが流れているの。あなたの鈴木商事の株価に対する評価を聞きたいの」”Jinichi, I am sorry. But we need to wake you up. It’s reported that Suzuki Trading Co. incurred $5 billion significant losses, because of its precious metal trading. We want to...
→ 続きを読む

アナリスト出門甚一の冒険 限界的な快楽

2019-01-28
ジェームズ・ディーンの映画に「理由なき反抗」という佳作がある。ジェームズ・ディーンを一躍スターへと引き上げた映画は大作「エデンの東」であったが、出門はむしろ「理由なき反抗」が好きであった。この映画にチキンランという有名な場面がある。 この映画は、ジェームズ・ディーン演じる高校生ジムが、転校して初めて学校にでる1日の出来事が描いたものだ。1日の出来事で物語が完結するのはギリシャ悲劇のスタイルだという。だらだらとした日本の大河ドラマに比べるとなんとエレガントであろうか。 出門は子供の頃、古事記をベースにしたアニメ映画、それは確か東映アニメだったと思うが、何か惹かれた思い出がある。それは、出雲の国のヤマタノオロチの話だったと思う。これも恐らく1日で完結する話ではないだろうか。今考えると日本人の郷愁をさそう原風景がそこにあるように感じる。そしてそれは美しい。古典的な物語の原形なのではないだろう...
→ 続きを読む

アナリスト出門甚一の冒険 学生生活 (1)

2019-01-28
学生時代(1) その日、出門は京南大学の経済学部の午前の経済原論の授業にでようと思った。授業に出る前、横東線の吉日駅の喫茶店に立ち寄った。授業はあと10分というところだ。そこへクラスメートである京南大学の付属女子高出身の秀才島田紀子が足早に通りかかった。紀子は従業の10分前にもかかわらず、ゆうゆうとコーヒーを飲む出門に「もうすぐ授業よ、何やってるの」といわんばかりの表情を見せた。出門は、「秀才女子が授業ギリギリとはめずらしい」と声をかけようと思ったがやめた。もちろん気恥ずかしいからだ。 出門は、この何か、学生だけに許された時間、空間の自由な空気が好きだった。大学生活というのは、校則に縛られ、良い意味でも悪い意味でもお互いをある程度知り合った、いわば村社会といもいって良い高校時代と違った、気ままさがあった。学問にはげむもよし、スポートにはげむもよし、サークル活動にはげむもよし、趣味にふけ...
→ 続きを読む

アナリスト出門甚一の冒険 6

2015-02-28
作: 三島 真一シクリカル出門は、コモディティセクターの一産業分野である紙パルプ業界のセクターレポートと業界トップの新パシフィック製紙のレポートをリリースした。足元の紙需要は極めて強く、新パシフィック製紙への投資判断は「BUY」であった。紙パルプセクターはシクリカル(景気敏感)セクターといわれ、景気が拡大すれば、需給が逼迫、原材料であるパルプそして紙製品価格が上昇する。それが誘因となり、新規供給が増加する。景気がピークアウトすると、需給が緩み、価格に下落圧力が加わる、という循環を繰り返すセクターであった。紙パルプ製品への需要はほぼ経済成長とともに増加するとされ、それが需要予測の根拠とされていた。デジタル革命によるペーパーレス社会の到来を危惧する声もあったが、全体で見れば、紙需要が経済成長と共に成長する従来のトレンドに大きな変化は無かった。出門は、欧米からの機関投資家に日本の紙パセクターの稼...
→ 続きを読む

アナリスト出門甚一の冒険 5

2015-01-18
作:三島 真一 ウォーターフロント 投資銀行業界へ飛び込んで6か月、ほとんど、土日休日も無く、昼も夜も無く大手町プライムスクウェアビルのUPG証券のオフィスで時を過ごした。クライアントに投資勧誘するために会うために必要なライセンスを取り、セクターレポート、カンパニーレポートを仕上げた。カバレッジを開始したのだ。ウォーターフロントにあるマンションに帰るのはほとんどシャワーを浴び、寝るだけ。深夜に帰り、早朝に出勤する、ほとんどそんな毎日だった。  唯一のリフレッシュは、海岸マンションから大手町プライムスクウェアへの往復、愛車のバイクCB1100を走らせること、わずかな時間をみつけて、洋子を乗せてツーリングすることであった。入社に当り、UPGにバイクでの通勤についてOKをもらっていた。そしてそのためのパーキングスペースもUPGが提供してくれた。 マーケットがクローズした春の晴天の1日、出...
→ 続きを読む

アナリスト出門甚一の冒険 4

2015-01-08
作:三島 真一原油価格急落大手町プライムスクウェア18階、深夜0時。ジェームスと出門はコンフェレンス・ルームにいた。コモディティ・グローバル・コンフェレンス・コール(商品セクターの世界電話会議)に、参加するためだ。ニューヨーク市場では、原油価格が50ドルを割り込み、半年間で50%強急落した。市場は動揺した。ニューヨーク株式市場が5%近く下落し、東京市場、アジア市場、欧州市場に連鎖した。市場はその影響の程度について消化しきれず、リスク回避に一斉に動いたのだ。 マイケル・リチャードソンが率いるニューヨーク・チームがいち早くレポートをまとめ世界に配信した。このコンフェレンス・コールはそれをうけて、各地域のアナリストが、その地域における需給見通し、企業業績への影響、株価への影響について意見交換し、UPGのクライアントへの提供に役立てるためのものだった。UPGの見解は概ね次の通りだ。米国におけるシェ...
→ 続きを読む

アナリスト出門甚一の冒険 3

2015-01-05
作:三島 真一 投資銀行業界の掟(おきて) ジェームスは、一束のリサーチレポートを出門に渡して言った。 “Jinichi, these will be helpful to you. And there will be a Global Commodity Sector Research conference call tonight with New York chaired by Michael Richardson, Global Head. I would like you to join it.” (甚一、これは役に立つだろう。それから、今晩、ニューヨークとグローバル・コモディティ・セクター・リサーチのコンフェレンス・コール(電話会議)がある。グローバル・ヘッドのマイケル・リチャードソンがまとめ役だ。参加して欲しい。) それからジェームスは、UPGのコモディティ・セクター...
→ 続きを読む

アナリスト出門甚一の冒険 2

2015-01-01
作:三島 真一 コモディティ(商品)・セクター UPG証券入社初日、出門は大手町プライムスクエアの18階に7:00に出社した。ジェームスの部屋に入った。ジェームズは、笑顔を迎えてくれた。金融経済情報サービス会社ジュリアス通信の企画研究部門にいたとはいえ証券アナリストをしたことはない。にもかかわらずジェームズは出門をいきなりあるセクターの担当に指名した。それはコモディティ・セクターであった。後にはテクノロジーを担当することになる出門ではあったが、コモディティ・セクターのアナリストとして出発したのである。ジュリアス通信の金融情報サービス部門にいた出門ではあるがコモディティーの知識はなかった。出門は戸惑った。しかし、ジェームスは出門の戸惑いなどおかまいなしだった。ジェームスは出門の顔を見ていった。 “Jinichi, I’m glad you join UPG. I expect you ...
→ 続きを読む

« 以前の記事
Copyright© 2019 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.