‘常盤台だより’ カテゴリ

根津嘉一郎と田園都市思想

2018-04-29
常盤台住宅地物語: 優美さの秘密と価値を高めるまちづくり (GCS出版) ...
→ 続きを読む

常盤台の強み-質的・量的に優れたアーバンデザイン

2018-04-16
常盤台住宅地物語: 優美さの秘密と価値を高めるまちづくり (GCS出版) ...
→ 続きを読む

常盤台住宅地を特徴づけた分譲時の決定的要因

2018-04-12
常盤台住宅地物語: 優美さの秘密と価値を高めるまちづくり (GCS出版) ...
→ 続きを読む

常盤台住宅地4つの地図から読み解くユニークさ

2018-04-10
常盤台住宅地物語: 優美さの秘密と価値を高めるまちづくり (GCS出版) ...
→ 続きを読む

常盤台短歌 1-4: Tokiwadai – Elegant and Homely Town, Johoku, Tokyo

2018-02-18
常盤台住宅地物語: 優美さの秘密と価値を高めるまちづくり (GCS出版) ...
→ 続きを読む

保護中: 東武鉄道と常盤台(5)東武鉄道経営と常盤台住宅地(上)

2018-01-27
東武鉄道経営にプラスに寄与した常盤台住宅地事業 昭和11年秋に「健康住宅地」として売り出された東武鉄道直営常盤台住宅地の売れ行きはどうだったのか、東武鉄道経営への影響はどうだったのかについて考えていきたいと思います。 結論から言えば、常盤台住宅地事業は、東武鉄道経営にプラスの影響を与えました。それは、「沿線開発」」という表現以上の効果を上げたと言えます。ここに根津嘉一郎の経営者としての、そして投資家ならではのしたたかさ、先進性を見る思いがします。今日の東武鉄道は、常盤台住宅地事業が社業発展、経営に与えた貢献を再評価すべきであると言えます。 戦時体制移行の逆風の中で地味に貢献 都市デザインの類似性からしばしば比較される田園調布が、大正12年の分譲開始と同時期に起こった関東大震災による郊外住宅への特需によって飛ぶように売れたのに対して、分譲開始とほぼ同時期に戦時体制へ突入するという時代...
→ 続きを読む

保護中: 東武鉄道と常盤台(4) 幻の西板線と常盤台住宅地

2018-01-18
幻となった西板線と常盤台住宅地 東武鉄道による昭和3年の土地買収 東武鉄道は、昭和3年、北豊島郡上板橋村(現東京都板橋区)の土地7万3600坪(24万2880㎡)を買収しました。これが、昭和10年10月に、東上線中板橋〜上板橋間に開業した武蔵常盤台(現ときわ台)駅北口一帯に広がる「健康住宅地」というキャッチフレーズで、昭和11年秋から分譲が開始される常盤台住宅地であり、東武鉄道による沿線開発の第1号となります。 類い稀れな偶然とは 以前、東急や阪急とは異なり、土地の開発利益によらずに、鉄道会社としての経営基盤を築いたのが根津嘉一郎の鉄道会社経営であり、東武鉄道の特徴であると述べました。さら、常盤台住宅地の開発には、類いまれな偶然が関係していることについて触れました。 根津嘉一郎の中には、私鉄の雄として、東急、阪急に負けない住宅地開発をしたいという想いがあったのではないかという推定...
→ 続きを読む

東武鉄道と常盤台(3) 根津嘉一郎と東上線

2018-01-17
常盤台住宅地物語: 優美さの秘密と価値を高めるまちづくり (GCS出版) ...
→ 続きを読む

常盤台 最適規制を求めて(3) ときわ台景観ガイドライン(上)

2017-12-31
常盤台住宅地物語: 優美さの秘密と価値を高めるまちづくり (GCS出版) ...
→ 続きを読む

保護中: 常盤台 最適規制を求めて(2) 都市計画法による規制の推移

2017-12-18
常盤台住宅地物語: 優美さの秘密と価値を高めるまちづくり (GCS出版) ...
→ 続きを読む

« 以前の記事 新しい記事 »
Copyright© 2019 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.