‘経済・投資 Money’ カテゴリ

リカード「経済学原理」を歩く-99 外国貿易-22

2019-05-26
【コメント】製造業が発達していない社会の初期の段階では、各国の貨幣価値は、主として貴金属を供給する鉱山からの距離によって規定される。しかし、製造業が発達すると、製造業の優位さが貨幣価値を決定する主要因となる、とする。 (訳) 製造技術が発達しておらず、大量の必需品からなる諸国の生産物に差異がない、社会の初期の段階では、各国の貨幣価値は、主として貴金属を供給する鉱山からの距離によって規定される。しかし、社会の技術、改良が進むと、各国は、それぞれ特定の製造業で秀でるようになる。すると鉱山からの距離は依然としてある程度の影響を持つものの、貴金属の価値は主として、それらの製造業の優位さによって規定されるようになる。 (original text) In the early states of society, when manufactures have made little pro...
→ 続きを読む

リカード「経済学原理」を歩く-98 外国貿易-21

2019-05-26
【コメント】名目貨幣価値は、常に変化する。しかし、利益率は2国間で変化しない、実質賃金は全く同じである、とする。 (訳) 貨幣価値は、このように永遠に変化するものであるが、結果として、全ての国に一般的に流通する商品の価格も、著しく異なりうるものである。しかし、貨幣が流入する場合であっても、流出する場合であっても利益率には影響を及ぼさないだろう。資本は、貨幣流通量の増加により増加するだろう。もし、農業者により地主に支払われる地代と労働者へ支払われる賃金が、ある国で他の国よりも20%高く、同時に農業者の資本の名目価値が20%高いとすれば、農業者はその原生産物を20%高くうることになり、利益率は全く同じである。 (original text) Although, however, money is subject to such perpetual variations, and c...
→ 続きを読む

リカード「経済学原理」を歩く-97 外国貿易-20

2019-05-25
【コメント】ここまでは、貨幣価値を一定として議論を進めてきたが、貨幣価値はいずれの2国間においても一定ではない、とする。 (訳) 2国のうち、1国はある品質の商品を製造することに優位さをもち、他方は別の品質の商品の製造に優位さを持っているとする。この場合には、必ずしも相互に貴金属の流入は起こらない。しかし、一方の優位さが非常に勝っている場合には、その影響は避けがたいものになるだろう。 (original text) Of these two countries, if one had the advantage in the manufacture of goods of one quality, and the other in the manufacture of goods of another quality, there would be no decided inf...
→ 続きを読む

リカード「経済学原理」を歩く-96 外国貿易-19

2019-05-23
【コメント】同等の人口、土地の量と質(肥沃さ)、農業技術をもつ2国を前提にすると、より高い技術と製造設備を持つ国の物価はより高くなる。それは、その輸出商品に対して大量の貨幣が流入されるからであるとする。 (訳) 技巧と機械の改良の他に、常に貿易に作用している他の様々な要因がある。それらは均衡と貨幣の相対価値に干渉し、影響を与えている。輸出入への補助金、商品への新たな税金など、直接、間接に、自然な物々交換貿易を妨げ、結果として貨幣の輸出入を生み出している。価格によって自然な貿易の流れがうながされるためである。この作用はこのような干渉を行っている国だけでなく、多かれ少なかれすべての商業世界の諸国において生じている。 (original text) Beside the improvements in arts and machinery, there are various oth...
→ 続きを読む

リカード「経済学原理」を歩く-95 外国貿易-18

2019-05-23
【コメント】リカードは、国際貿易のメリットとして、貨幣価値の変動を抑制する、と述べていることは注目に値する。また、製造(生産性)が改善した国では、生産量と貨幣価値で測った収入が増加するとし、さらに、同国では一般的な物価水準が上昇すると述べている。 (訳) しかし、これはポルトガルにとっては見かけ上の有利さにすぎない。というのもポルトガルで生産される布とワインの量は減少し、英国で生産される量が増加するからだ。貨幣の価値は、両国である程度変化している。英国で減少し、ポルトガルで上昇している。貨幣価値で測れば、ポルトガルの全収入は減少し、同じ貨幣で評価して、英国のそれは増加している。 (original text) This, however, is only a seeming advantage to Portugal, for the quantity of cloth and...
→ 続きを読む

リカード「経済学原理」を歩く-94 外国貿易-17

2019-05-21
【コメント】英国とポルトガルの2国間で、布とワインの貿易を行うインセンティブが無くなる稀有な('singular')ケースについて述べる。 (訳) ポルトガルの状況は全く変わらない。しかし、英国においてはより生産的になったワインの製造に労働を投入する。すると両国の物々交換貿易の状況は直ちに変わることになる。ポルトガルからのワインの輸出が止まるだけでなく、新しい貴金属の配分が生じ、布の輸入が無くなる。 (original text) No change whatever takes place in the circumstances of Portugal; but England finds that she can employ her labour more productively in the manufacture of wine, and instantly th...
→ 続きを読む

リカード「経済学原理」を歩く-93 外国貿易-16

2019-05-20
【コメント】2国間の貿易において、(生産費の変化によって)ある商品の価格差が縮小し、手形割引料(プレミアム)考慮後の利益が無くなると貿易のインセンティブはなくなる。 (訳) この英国の手形のプレミアムが輸入布の利益と等しくなれば、勿論、輸入は止まる。しかし、もし手形のプレミアムが2%だったとすると、英国の負債100ポンドを返済するために、ポルトガルにおいては102ポンドを支払うべきとなる。一方、45ポンドの費用がかかった布を50ポンドで売るとすると、布は輸出され、手形が購入される。そして、貨幣が輸出され、ポーランドにおける貨幣が減少し、英国における貨幣が増加する。このような取引は、それが利益を生まない状況になるまで続くのである。 (original text) If then this premium for a bill on England should be equal ...
→ 続きを読む

リカード「経済学原理」を歩く-92 外国貿易-15

2019-05-18
【コメント】外国貿易における手形取引について述べる。物々交換の場合には、貨幣や金銀が2国間でやりとりされることはない。しかし、貿易収支不均衡の場合には、金銀が輸出されることになる。 (訳) もし、市場がポルトガルから英国にワインを輸出することに良い状況にあれば、ワインの輸出業者は、手形の売手である。その手形は、布の輸入者やその他の買い手によって購入される。そして、このようにいずれの国からも、貨幣が手渡される必要はない。それぞれの国で輸出業者がその商品に対して支払われる。お互いに直接の取引なしに、ポルトガルの布の輸入業者によって支払われた貨幣は、ポルトガルの輸出業者に支払われる。英国においても、同じ手形のやりとりで、布の輸出業者は、ワインの輸入業者からその対価を得る。 しかし、ワインの価格が、英国に輸出できるものでなくなった場合にも、布の輸入業者は手形を購入する。しかし、手形の価格は...
→ 続きを読む

リカード「経済学原理」を歩く-91 外国貿易-14

2019-05-15
【コメント】リカードは、物々交換経済と貨幣経済の違いに着目する。ただし、マーチャントにとっては、実質相対価格が変化したとしても手形により負債が決済されればよいとする。 (訳) 英国でのワイン生産の改良の前に、英国でのワイン価格が1樽50ポンドで、ある量の布が45ポンドだったとする。また、ポルトガルでの同量のワインが45ポンド、同量の布が50ポンドだったとする。ワインはポルトガルから輸出されると利益は5ポンドになる。布は英国から輸出され同じ利益になる。 改良の後に、英国でワインは45ポンドに下落し、布は同じ価格だったとする。市場での全ての取引は、個々に独立とする。商人は英国で布を45ポンドで購入し、ポルトガルで通常の利益を得るため、英国から輸入し続ける。彼は、英国の布を購入し、ポルトガル貨幣の為替手形で支払う。彼にとって、重要なのは、負債をこの手形で弁済することだ。この取引は、彼がこ...
→ 続きを読む

リカード「経済学原理」を歩く-90 外国貿易-13

2019-05-14
【コメント】リカードは比較優位、比較生産費説は厳密には、純粋交換経済、つまり物々交換経済において成り立つと述べていると解することができる。リカードの抜け目なさである。 (訳) 金銀は、一般に取引を媒介する通貨として選ばれている。そして、その配分は、競争市場において、このような金属が存在せず、世界中の諸国の、また国家間の取引が、純粋に物々交換であった場合の取引量に相応している。 つまり、布は、輸入元である英国での生産コストに対して、より多くの金と交換されるのでなければポルトガルには輸入されない。また、ワインは、ポルトガルでの生産コストに対して、より高く売られるのでなければ英国に輸入されない、もし純粋な物々交換の貿易を想定すれば、所与の労働で、英国が布を生産して、より多くのワインを得られる間は、貿易は続くことになる。ポルトガルの産業についてはこの逆(ワインを生産し、より多くの布が得る)...
→ 続きを読む

« 以前の記事
Copyright© 2019 株式会社ジー・シー・エス(GCS) 中湖康太 経済投資コラム All Rights Reserved.